[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

mscorsvw.exe

pointこの用語のポイント

pointWindowsのサービス「Microsoft .NET Framework NGEN」で使う実行ファイルだよ

point「.NET ランタイムの最適化サービス(.NET Runtime Optimization Service)」とかいう名前だよ

point私の環境では「C:\Windows\Microsoft.NET\Framework64\【バージョン番号】\mscorsvw.exe」にあったよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

mscorsvw.exeとは

.NET Framework関連のWindowsのサービス「Microsoft .NET Framework NGEN」の実行ファイル
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

Windowsは「Microsoftさんが作っているOSの名前(のシリーズ名部分)」ね。
OSは、パソコンさんの「これが無いとパソコンじゃねーよ」な基本ソフトです。
パソコンさんの人格に相当するソフトで、パソコンさんはOSを入れることで、はじめてパソコンとしてのお仕事ができます。

mscorsvw.exe

サービスは「Windows常駐プログラム」です。
常にメモリ上にいて、いつでもお仕事ができるようにスタンバっています。

mscorsvw.exe2

Windowsのサービスは、いろいろあります。
その中の一つが「Microsoft .NET Framework NGEN」です。
実際には

Microsoft .NET Framework NGEN v2.0.50727_X64



Microsoft .NET Framework NGEN v2.0.50727_X86

のように

Microsoft .NET Framework NGEN 【バージョン番号】

形式で複数あります。

Windows 7を例に説明しますが

コントロールパネル
 ↓
管理ツール
 ↓
サービス


と移動すると、サービスの一覧の中に、名前が「Microsoft .NET Framework NGEN 【バージョン番号】」になっているサービスがあるはずです。

その行をべちべちっ!とダブルクリックすると「Microsoft .NET Framework NGEN 【バージョン番号】 のプロパティ」画面が開きます。

mscorsvw.exe3

「Microsoft .NET Framework NGEN 【バージョン番号】 のプロパティ」画面のサービスの説明欄には

Microsoft .NET Framework NGEN

と書いてありました。

mscorsvw.exe4

英語ですね。

まぁ、良いや。
書いてある説明とは全然関係ありませんが、このサービスは「.NETランタイムの最適化サービス」と呼ばれるサービスです。

Windowsパソコンには、あらかじめ「.NET Framework」と呼ばれる、プログラムを動かすための環境が入っています。
細かい説明は端折りますが、この「.NET Framework」に関する何かを最適化するお仕事をしています。

これが、Microsoft .NET Framework NGENの説明です。

あとは、肝心要の「実行ファイル」ですね。
実行ファイルは「プログラムファイル」です。
べちべちっ!とダブルクリックすると、お仕事を始めます。
(Windowsの場合)拡張子は「.exe」であることが多いです。

mscorsvw.exe5

以上が予備知識です。

ここまでを踏まえて、.NET Frameworkに関する何かを最適化するお仕事をしているWindowsのサービス「Microsoft .NET Framework NGEN」の実行ファイルが「mscorsvw.exe」です。

「mscorsvw.exe」は、私の環境では以下の場所にありました。

C:\Windows\Microsoft.NET\Framework64\【バージョン番号】\mscorsvw.exe

「C:\Windows\Microsoft.NET\Framework64\」フォルダの中にバージョン番号がフォルダ名のフォルダがあり、その中に「mscorsvw.exe」があります。
バージョン番号フォルダが複数あるので「mscorsvw.exe」もフォルダ毎に複数あるはずです。

また「mscorsvw.exeのプロパティ」画面の説明欄には「.NET Runtime Optimization Service」と書いてあります。
プロパティ画面は「mscorsvw.exe」ファイルを右クリックして表示されたメニューの「プロパティ」を選択すると開きます。

mscorsvw.exe6

「.NET Runtime Optimization Service」を日本語に訳すと

.NETランタイムの最適化サービス

になります。

「mscorsvw.exe」は常駐する類のものではありません。
必要なときに勝手に動きだして、仕事が終われば勝手にいなくなります。

ただし、動いている最中は結構邪魔です。
パソコンさんの動きが鈍くなることもあります。

中には「邪魔くさいから止めてしまいたい」と思う人もいるでしょう。

Microsoft .NET Framework NGEN サービスを無効にする(「mscorsvw.exe」のお仕事スタンバイを解除する)やり方は以下の通りです。

まず

コントロールパネル
 ↓
管理ツール
 ↓
サービス


と移動して、名前が

Microsoft .NET Framework NGEN 【バージョン番号】

の行をダブルクリックします。

そうすると「Microsoft .NET Framework NGEN 【バージョン番号】 のプロパティ」画面が開きますので「スタートアップの種類(E):」を「無効」にして「OK」ボタンを押します。

mscorsvw.exe7

これで、Microsoft .NET Framework NGENサービスが無効になるはずです。
「mscorsvw.exe」も、お仕事をしなくなります。

実際のところ、止めて大丈夫かを私は知りません。
調べると実際に止めている人もいたので大丈夫だとは思いますけどね。
私は試していません。

止めちゃう方は自己責任の元で作業を行ってください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「mscorsvw.exe」って単語が出てきたら「Windowsのサービス『Microsoft .NET Framework NGEN』で使う実行ファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク