[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

Microsoft Security Essentials

pointこの用語のポイント

pointウィルスセキュリティソフトだよ

pointマイクロソフトさんが作ったよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

Microsoft Security Essentialsとは

Microsoftさんが作ったウィルスセキュリティソフト
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

ウイルスは「コンピュータウイルス」の省略表現で「コンピュータに入り込んで悪さをするプログラム」ね。
風邪のウィルスみたいに、コンピュータに入り込んで、増殖しながら悪さを行います。

Microsoft Security Essentials

この憎きコンピュータウイルスからパソコンさんを守ってくれるソフトを「ウィルスセキュリティソフト」や「アンチウィルスソフト」と言います。
パソコンにウイルスが入ってこないか監視してくれて、もし入ってきてもやっつけてくれるソフトです。

Microsoft Security Essentials2

ウィルスセキュリティソフトと呼ばれるソフトは、いろいろあります。

そのいろいろある中の一つで、Microsoftが作ったウィルスセキュリティソフトが「Microsoft Security Essentials」です。

Microsoft Security Essentialsは無料で使えます。
欲しい人は「Microsoft Security Essentials ダウンロード」辺りをキーワードにして、探してみてください。

注意点として、 Microsoft Security Essentialsを入れられるのはWindows 7までです。
Windows 8以降には入れられません。

というか、Windows 8以降では、Microsoft Security Essentialsは「Windows Defender」という名前になりました。

少しややこしいのですが「Windows Defender」は、もともとMicrosoftさんが作ったスパイウェア対策ソフトの名前でした。
スパイウェア(コンピュータの中の情報をパクってどこかに送るプログラム)からコンピュータを守るためのソフトだったのです。

そのWindows Defenderを改良してパワーアップさせたウィルスセキュリティソフトがMicrosoft Security Essentialsです。

さらに、それがWindows 8では「Windows Defender」という名前に変わりました。

つまり、流れとしては

1.Windows Defender:スパイウェア対策ソフト
  ↓
2.Microsoft Security Essentials:ウィルスセキュリティソフト(Windows Defenderのパワーアップ版)
  ↓
3.Windows Defender:ウィルスセキュリティソフト(中身はMicrosoft Security Essentials)


になります。
「1」と「2」はWindows 7までの呼び名です。
「3」はWindows 8以降の呼び名になります。

「1」のWindows Defenderと「3」のWindows Defenderは別物です。
ご注意ください。
「3」のWindows DefenderはMicrosoft Security Essentialsの後継です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「Microsoft Security Essentials」って単語が出てきたら「ウィルスセキュリティソフトなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク