[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

スパイウェア対策ソフト

pointこの用語のポイント

pointソフトだよ

point悪いプログラムが入ってこないか見張るよ

point悪いプログラムが入ってきたらやっつけるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

スパイウェア対策ソフトとは

ウィルスセキュリティソフトの親戚。
もう少し具体的に書くと

パソコンにスパイウェアが入ってこないか見張っていて、もし入ってきたらやっつけてくれるソフト
です。

image piyo

詳しく書くよ

スパイウェアは「コンピュータの中の情報をパクってどこかに送るプログラム」ね。
よく分からなければ、コンピュータウイルスの仲間だと思って構いません。

スパイウェア対策ソフト

もう少し詳しく書くと、コンピュータに対して悪いことをするプログラム全般を「マルウェア」と言います。
マルウェアの分類の一つとして、コンピュータウィルスがあり、スパイウェアがあります。

スパイウェア対策ソフト2

マルウェアの中には、コンピュータをぶっ壊すや中身を盗むやつなど、いろいろな悪さをするやつがいます。

コンピュータをぶっ壊す寄りの悪いことをするやつが「コンピュータウィルス」です。
ウィルスのように感染して、悪さを広げていきます。

中身を盗む寄りの悪いことをするやつは「スパイウェア」と呼ばれています。
スパイのようにこっそり盗みを働くからです。

とはいえ、そこら辺の分類や区別は結構あいまいです。
昔は「マルウェア」や「スパイウェア」なんて用語はなくて、全部「コンピュータウィルス」と呼ばれていましたしね。
全部イヤな奴なのに変わりはないので、同じようなものだと思って構いません。

さて、これでスパイウェアが何か、なんとなく分かったと思います。

この憎きスパイウェアからパソコンさんを守ってくれるソフトが「スパイウェア対策ソフト」です。
パソコンにスパイウェアが入ってこないか監視してくれて、もし入ってきてもやっつけてくれます。

スパイウェア対策ソフト3

スパイウェア対策ソフトは、スパイウェアからパソコンを守るソフトです。
それでは、それ以外の悪いプログラムからは守ってくれないのでしょうか。
スパイウェア対策ソフトとは別に、ウィルスセキュリティソフトアンチウィルスソフト)も必要なのですかね?

これは、悩ましいところです。

もともとですね。

昔はウィルスセキュリティソフトと呼ばれるソフトしかなかったのです。

それが「スパイウェア」という用語が生まれたくらいに、スパイウェアからパソコンを守るスパイウェア対策ソフトが登場しました。

スパイウェア対策ソフトが生まれた当時は、まだ住み分けができていたように思います。
私もウィルスセキュリティソフトとスパイウェア対策ソフトを両方入れていました。

それが時代とともに、ウィルスセキュリティソフトと呼ばれる奴らがスパイウェアもやっつけられるようになりました。
スパイウェア対策ソフトと呼ばれる奴らも、コンピュータウィルスをやっつけられるようになりました。

かくして、いまいち違いが分からなくなっているのが実情です。

2015年9月現在、ウィルスセキュリティソフトとスパイウェア対策ソフトをカテゴリ分けする意味はなくなっているように感じます。
「ウィルス/スパイウェア対策ソフト」や「ウィルス・スパイウェアセキュリティソフト」のように、一緒くたにした表記も増えていますしね。

同じものだと考えても不都合はないと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「スパイウェア対策ソフト」って単語が出てきたら「パソコンにスパイウェアが入ってこないか見張ってるソフトなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク