[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

SDMain.exe

pointこの用語のポイント

pointSpybotを起動するための実行ファイルだよ

point私の環境では「C:\Program Files (x86)\Spybot - Search & Destroy\SDMain.exe」にあったよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

SDMain.exeとは

スパイウェア対策ソフトの一つであるSpybotを起動するのがお仕事の実行ファイル
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

Spybotは「パソコンスパイウェアが入ってこないか見張ってるソフト(の一つ)」ね。
一般的に「スパイウェア対策ソフト」と呼ばれるソフトで、ウィルスセキュリティソフトの親戚です。

SDMain.exe

あとは「実行ファイル」の説明もしておきましょう。
実行ファイルは「プログラムファイル」です。
べちべちっ!とダブルクリックすると、お仕事を始めます。
(Windowsの場合)拡張子は「.exe」であることが多いです。

SDMain.exe2

以上が予備知識です。

ここまでを踏まえて、スパイウェア対策ソフトの一つであるSpybotを起動するのがお仕事の実行ファイルが「SDMain.exe」です。

少し説明が必要ですかね。

Spybot本体は「SpybotSD.exe」です。

「SDMain.exe」をべちべちっ!とダブルクリックすると「SpybotSD.exe」が動きます。
結果として、Spybotのメニュー画面っぽいのが出てきます。

SDMain.exe3

流れとしては

1.「SDMain.exe」をべちべちっ!とダブルクリックする
2.「SDMain.exe」が「SpybotSD.exe」を動かす
3.「SpybotSD.exe」によってメニュー画面が表示される


です。

「SpybotSD.exe」を直接ダブルクリックした場合は、2→3の流れです。

つまり「SDMain.exe」をダブルクリックしても「SpybotSD.exe」を直接ダブルクリックしても同じ結果になります。
どちらの場合でも、Sypbotのメニュー画面が表示されます。

「SDMain.exe」は、私の環境では以下の場所にありました。

C:\Program Files (x86)\Spybot - Search & Destroy\SDMain.exe

また「SDMain.exeのプロパティ」画面の説明欄には「Spybot-S&D Security Center launcher」と書いてあります。
プロパティ画面は「SDMain.exe」ファイルを右クリックして表示されたメニューの「プロパティ」を選択すると開きます。

SDMain.exe4

この説明からもSpybot関連であることが分かりますね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「SDMain.exe」って単語が出てきたら「Spybotを起動するための実行ファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク