[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

hkcmd.exe

pointこの用語のポイント

pointIntelのグラフィックドライバに関する実行ファイルだよ

pointホットキーでポチポチするためのものだよ

point私の環境では「%systemroot%\System32\hkcmd.exe」にあったよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

hkcmd.exeとは

Intelのグラフィックドライバに関するあれこれをホットキーで操作するための実行ファイル
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

ホットキーは「キーボードキーを特定の組み合わせでポチポチすると、何かが起こるように設定されているキーの組み合わせ」ね。

例えば、Windowsの場合、CtrlキーAltキーを押しながらDeleteキーを押すと、何かが起こるはずです。
あるいは、Altキーを押しながらTabキーを押すと、表示中のウィンドウを切り替えられるはずです。

このように、特定の組み合わせで押すと何かが起こるように設定されたキーの組み合わせを「ホットキー」や「ショートカットキー」と言います。

次に行きましょう。

Intelは「CPUとかを作っている会社さん」です。
他にもいろいろ作っていますが、一番有名なのはCPUです。

グラフィックドライバは「GPUグラフィックチップ)にお仕事をさせるために必要なソフト)」です。

少し話がそれますが、グラフィックドライバについて、もう少し詳しく説明しておきます。

パソコンさんには画面を表示するための部品がくっついています。
パソコンさん本体が「これをこんな感じで画面に映せや!」と出した指示を、モニタさんが「へいへい、分かりましたよーだ」と承諾することで、画面に文字や絵が映ります。

hkcmd.exe

「これをこんな感じで画面に映せや!」と指示を出すパソコン側の部品が「GPU」です。

hkcmd.exe2

GPUは部品です、
カッコつけて言うと「ハードハードウェア)」です。

hkcmd.exe3

ハードを動かすためにはソフトが必要です。

それでは、GPUというハードを動かすためのソフトは何でしょうか?

そうです。

GPUを動かすために必要なソフトが「グラフィックドライバ」です。

グラフィックドライバの「ドライバ」は「デバイスドライバ」のことです。
デバイス(コンピュータにくっつける部品)を動かすためのソフト」を意味します。
ドライバが入っていることによって、パソコンの部品は動くのです。

hkcmd.exe4

これがグラフィックドライバの説明です。
よく分からなければ「画面表示用の部品を動かすためのソフト」程度に解釈してください。

さて、話を戻します。

IntelさんはGPUも作っています。
そのGPUを動かすためのグラフィックドライバも、当然、提供してくれています。

長々と説明しましたが

IntelはGPUを作っていて、それを動かすためのグラフィックドライバも提供している

というのを覚えておいてください。

あとは「実行ファイル」の説明もしておきましょう。
実行ファイルは「プログラムファイル」です。
べちべちっ!とダブルクリックすると、お仕事を始めます。
(Windowsの場合)拡張子は「.exe」であることが多いです。

hkcmd.exe5

以上が予備知識です。

ここまでを踏まえて、Intel製のグラフィックドライバに関するあれこれをホットキーで操作するための実行ファイルが「hkcmd.exe」です。

私の環境(Windows 7 64bit Intel入ってる)では、CtrlキーとAltキーを押しながらF12キーを押すと、Intelのグラフィックドライバに関する設定画面が表示されます。

hkcmd.exe6

このときの

CtrlキーとAltキーとF12キー

の組み合わせがホットキーです。

「hkcmd.exe」のお仕事を止めてしまうと、CtrlキーとAltキーとF12キーを押しても、Intelのグラフィックドライバに関する設定画面が表示されなくなるのです。

もう一つ例を挙げましょう。

試される方は気を付けてほしいのですが、CtrlキーとAltキーを押しながら「←」(左矢印)キーを押すと、画面が左に90度直角に傾きます。
同様に

Ctrl+Alt+「→」= 右に90度直角に傾く
Ctrl+Alt+「↓」= 画面の上下が反転する
Ctrl+Alt+「↑」= 画面の上下が正常に戻る


となります。

Ctrl+Alt+「←」
Ctrl+Alt+「→」
Ctrl+Alt+「↓」
Ctrl+Alt+「↑」


がホットキーです。

「hkcmd.exe」のお仕事を止めてしまうと、ホットキーが無効になった状態になります。
これらの組み合わせでキーを押しても、何も反応しなくなるのです。

このように、Intelのグラフィックドライバ関連のあれこれをホットキーで操作するための実行ファイルが「hkcmd.exe」です。

「hkcmd.exe」は、私の環境では以下の場所にありました。

%systemroot%\System32\hkcmd.exe

また「hkcmd.exeのプロパティ」画面の説明欄には「hkcmd Module」と書いてあります。
プロパティ画面は「hkcmd.exe」ファイルを右クリックして表示されたメニューの「プロパティ」を選択すると開きます。

hkcmd.exe7

「そんなのファイル名を見れば分かるわい!」と言いたくなる説明ですね。

「hkcmd.exe」のお仕事は上に書いた通りです。
ホットキーを使った操作を行わない人は止めてしまっても構いませんが、よく分からない人は、そのままにしておいた方が無難です。
特に不都合もないので、私はそのままにしています。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「hkcmd.exe」って単語が出てきたら「Intelのグラフィックドライバ関連で使う実行ファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク