[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

stacsv64.exe

pointこの用語のポイント

pointWindowsのサービス「Audio Service」で使う実行ファイルだよ

point「IDT PC AUDIO」とかいう名前だよ

point私の環境では「%ProgramFiles%\IDT\WDM\stacsv64.exe」とか「%systemroot%\System32\DriverStore\FileRepository\stwrt64.inf_amd64_neutral_44a8c6ff8211f2d4\stacsv64.exe」にあったよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

stacsv64.exeとは

IDT PC Audioで使うWindowsのサービス「Audio Service」の実行ファイル
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

Windowsは「Microsoftさんが作っているOSの名前(のシリーズ名部分)」ね。
OSは、パソコンさんの「これが無いとパソコンじゃねーよ」な基本ソフトです。
パソコンさんの人格に相当するソフトで、パソコンさんはOSを入れることで、はじめてパソコンとしてのお仕事ができます。

stacsv64.exe

サービスは「Windows常駐プログラム」です。
常にメモリ上にいて、いつでもお仕事ができるようにスタンバっています。

stacsv64.exe2

Windowsのサービスは、いろいろあります。
その中の一つが「Audio Service」です。

Windows 7を例に説明しますが

コントロールパネル
 ↓
管理ツール
 ↓
サービス


と移動すると、サービスの一覧の中に、名前が「Audio Service」になっているサービスがあるはずです。

その行をべちべちっ!とダブルクリックすると「Audio Service のプロパティ」画面が開きます。

stacsv64.exe3

「Audio Service のプロパティ」画面のサービスの説明欄には

Manages audio jack configurations.

と書いてありました。

stacsv64.exe4

英語ですね。
某翻訳ソフトで機械翻訳したところ

オーディオジャックコンフィギュレーションを管理する

と訳されました。
「コンフィギュレーション」は「設定」のことなので

オーディオジャックの設定を管理する

と読み替えることができます。
オーディオ関連の何かをやっているサービスなのでしょう。

これが、Audio Serviceの説明です。

あとは、肝心要の「実行ファイル」ですね。
実行ファイルは「プログラムファイル」です。
べちべちっ!とダブルクリックすると、お仕事を始めます。
(Windowsの場合)拡張子は「.exe」であることが多いです。

stacsv64.exe5

以上が予備知識です。

ここまでを踏まえて、オーディオ関連の何かを管理しているWindowsのサービス「Audio Service」の実行ファイルが「stacsv64.exe」です。

「stacsv64.exe」は、私の環境では以下の場所にありました。

%ProgramFiles%\IDT\WDM\stacsv64.exe

%systemroot%\System32\DriverStore\FileRepository\stwrt64.inf_amd64_neutral_44a8c6ff8211f2d4\stacsv64.exe

また「stacsv64.exeのプロパティ」画面の説明欄には「IDT PC Audio」と書いてあります。
プロパティ画面は「stacsv64.exe」ファイルを右クリックして表示されたメニューの「プロパティ」を選択すると開きます。

stacsv64.exe6

「IDT」は会社の名前です。
Integrated Device Technology, Inc.(インテグレーティド・デバイス・テクノロジー・ドットインク)」の略で「IDT」ですが、別に覚える必要はありません。

「PC」はパソコンのことです。
って、わざわざ書かなくても分かりますよね。

「Audio」は、カタカナで「オーディオ」と読み替えるのが良いと思います。

つまり

IDT PC Audio



IDT パソコン オーディオ

と読み替えることができます。

それを踏まえると「stacsv64.exe」は

IDTって会社(IDT)がパソコン(PC)用に作ったオーディオ(Audio)の何か

と言えるでしょう。

とはいえ、具体的にどんなお仕事をしているのかは、私も分かっていません。
試しにAudio Serviceサービス(stacsv64.exe)を止めてみたのですが、特に違いは感じられませんでした。
音が出なくなるという事態にもなっていないです。

何かのお仕事はしているのでしょうが、止めたら即不都合が生じる、ということはなさそうですね。

なお、Audio Serviceサービスを無効にする(「stacsv64.exe」のお仕事スタンバイを解除する)やり方は以下の通りです。

まず

コントロールパネル
 ↓
管理ツール
 ↓
サービス


と移動して、名前が

Audio Service

の行をダブルクリックします。

そうすると「Audio Service のプロパティ」画面が開きますので「スタートアップの種類(E):」を「無効」にして「OK」ボタンを押します。

stacsv64.exe7

これで、Audio Serviceサービスが無効になるはずです。
「stacsv64.exe」も、お仕事をしなくなります。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「stacsv64.exe」って単語が出てきたら「Windowsのサービス『Audio Service』で使う実行ファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク