[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

DismHost.exe

pointこの用語のポイント

pointWindowsが動くために必要な実行ファイルだよ

point「Dism Host Servicing Process」とかいう名前だよ

point具体的にどんなお仕事をしているかは私も分からなかったけど、多分「Dism」ってコマンドに関連するお仕事をしているよ

point私の環境では「%systemroot%\System32\DismHost.exe」とか「%systemroot%\SysWOW64\DismHost.exe」にあったよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

DismHost.exeとは

Windowsさんが動くために必要な、大事な実行ファイルの一つ
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

Windowsは「Microsoftさんが作っているOSの名前(のシリーズ名部分)」ね。
OSは、パソコンさんの「これが無いとパソコンじゃねーよ」な基本ソフトです。
パソコンさんの人格に相当するソフトで、パソコンさんはOSを入れることで、はじめてパソコンとしてのお仕事ができます。

DismHost.exe

実行ファイル」の説明もしておきましょう。
実行ファイルは「プログラムファイル」です。
べちべちっ!とダブルクリックすると、お仕事を始めます。
(Windowsの場合)拡張子は「.exe」であることが多いです。

DismHost.exe2

以上が予備知識です。

ここまでを踏まえて、Windowsが動くために必要な実行ファイル(の一つ)が「DismHost.exe」です。
よく分からなければ、Windowsさんの一部と考えても構いません。

「DismHost.exe」は、私の環境(Windows 7の64bit版)では以下の場所にありました。

%systemroot%\System32\DismHost.exe

%systemroot%\SysWOW64\DismHost.exe

また「DismHost.exeのプロパティ」画面の説明欄には「Dism Host Servicing Process」と書いてあります。
プロパティ画面は「DismHost.exe」ファイルを右クリックして表示されたメニューの「プロパティ」を選択すると開きます。

DismHost.exe3

「Dism Host Servicing Process」ですか。
なるほど!

DismDism)をホスト(Host)してサービスする(Servicing)プロセス(Process)

ということですね。
はい、さっぱり分かりません。

仕方がないので、バラして1つずつ見ていきましょう。

まず「Dismとは何ぞや?」ですが、Microsoftさんのホームページで探してみたところ、以下の情報が見つかりました。

展開イメージのサービスと管理 (DISM) は、展開前に Windows(R) イメージをマウントおよび操作するためのコマンド ライン ツールです。DISM イメージ管理コマンドを使って、Windows イメージ (.wim) ファイルまたは仮想ハード ディスク (VHD) をマウントし、これらに関する情報を取得できます。DISM を使って、.wim ファイルをキャプチャ、分割、管理することもできます。

Windows(R) 8 で ImageX ツールが廃止され、イメージ管理を行う DISM が代わりに導入されました。

また、DISM では、DISM サービス コマンドを使って、Windows の機能、パッケージ、ドライバー、および、.wim ファイルまたは VHD にある地域と言語の設定をインストール、アンインストール、構成、更新することができます。

DISM コマンドはオフライン イメージで使われますが、一部の DISM コマンドは、実行中のオペレーティング システムを操作する際にも使用できます。

DISM は Windows 8.1 と共にインストールされ、Windows アセスメント & デプロイメント キット (Windows ADK) でも配布されます。Windows 8.1、Windows 8、Windows Server 2012 R2、Windows Server(R) 2012、Windows(R) 7、Windows Server(R) 2008 R2、Windows Vista(R)、Windows Server(R) 2008、Windows(R) プレインストール環境 (Windows Preinstallation Environment) 4.0、Windows PE 3.0 の各イメージの操作に使用可能であり、PEimg、Intlcfg、ImageX、パッケージ マネージャーなど、いくつかの展開ツールの代わりになるツールです。


ポイントは

Windows(R) イメージをマウントおよび操作するためのコマンド ライン ツール

でしょうか。

ここで登場する「イメージ」は「画像」ではありません。
CD-Rとかに入っているそのまんまのデータ」のニュアンスです。
ISOイメージ」という用語で登場する「イメージ」と一緒です。

マウント」は「接続した機器を認識させて使える状態にする」的な意味です。

コマンドラインツール」は「キーボードでぺちぺち入力することで命令するプログラム」と解釈してください。
マウスではなくキーボードで使うソフトです。

これらを踏まえて

Windows(R) イメージをマウントおよび操作するためのコマンド ライン ツール

を意訳すると

Windows(R) イメージを使えるようにしたり操作するためのプログラム

となります。

ここまでの説明を読んでも、Dismが何かよく分からない人もいるかと思います。
よく分からない人は、取りあえず

Windowsを操作するときに使える便利なコマンド

程度に解釈してください。

これがDismの説明です。

次に行きましょう。

ホストは「場所を貸してあげる」とか「動く手助けをする」とか、そんな感じのニュアンスです。
考えるのではなくて感じてください。

サービスは「なんか提供するもの」です。
一般的な意味での「サービス」と、ほとんど同じですね。

プロセスは「メモリを使って、なんかやっているプログラムひとつひとつ」です。
プログラムは、動いていればメモリを使っています。
よく分からなければ「実行中のプログラム」と読み替えてください。

DismHost.exe4

これらの意味を単純にくっつけると

Dism Host Servicing Process



Dismってコマンドの実行を手助けするお仕事中のプログラム

と解釈することができます。
もう少しざっくり書くと

Dismコマンドを実行するときに使われるやつ

でしょうか。

分かったような分からないような感じですね。
取りあえず「Dismに関する何か」というのがポイントです。

なお、私が実際に試した限りの経験則ですが「DismHost.exe」はWindowsの「ディスク クリーンアップ」という機能を使うときにお仕事をします。
ただし

%systemroot%\System32\DismHost.exe
%systemroot%\SysWOW64\DismHost.exe

が、そのまま動くわけではありません。
これらのファイルが一旦別の場所にコピーされて、そのコピーされた「DismHost.exe」がお仕事をします。

なんか、いろいろ複雑ですね。

私の気力では、ここら辺が調べる限界でした。
もっと詳しいことが気になる人は、Windowsの中身を知っている人に訊いてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「DismHost.exe」って単語が出てきたら「Windowsが動くときに必要な実行ファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク