[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

wininit.exe

pointこの用語のポイント

pointWindowsが動くために必要な実行ファイルだよ

point「Windows スタートアップ アプリケーション」とかいう名前らしいよ

point私の環境では「%systemroot%\System32\wininit.exe」にあったよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

wininit.exeとは

Windowsさんが動くために必要な、大事な実行ファイルの一つ
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

Windowsは「Microsoftさんが作っているOSの名前(のシリーズ名部分)」ね。
OSは、パソコンさんの「これが無いとパソコンじゃねーよ」な基本ソフトです。
パソコンさんの人格に相当するソフトで、パソコンさんはOSを入れることで、はじめてパソコンとしてのお仕事ができます。

wininit.exe

実行ファイル」の説明もしておきましょう。
実行ファイルは「プログラムファイル」です。
べちべちっ!とダブルクリックすると、お仕事を始めます。
(Windowsの場合)拡張子は「.exe」であることが多いです。

wininit.exe2

以上が予備知識です。

ここまでを踏まえて、Windowsが動くために必要な実行ファイル(の一つ)が「wininit.exe」です。
よく分からなければ、Windowsさんの一部と考えても構いません。

「wininit.exe」は、私の環境(Windows 7の64bit版)では以下の場所にありました。

%systemroot%\System32\wininit.exe

また「wininit.exeのプロパティ」画面の説明欄には「Windows スタートアップ アプリケーション」と書いてあります。
プロパティ画面は「wininit.exe」ファイルを右クリックして表示されたメニューの「プロパティ」を選択すると開きます。

wininit.exe3

今はもう無くなってしまったようですが、以前はMicrosoftさんのホームページに以下の説明が載っていました。

Wininit ファイルは .ini ファイルの 1 つで、プログラムのインストール後にコンピュータを再起動するときにWindows に対して加えるすべての変更の一覧を含んでいます。 Wininit.exe ファイルは .ini ファイルを起動するプログラム ファイルです。 このファイルは、Windows を実行していないときに変更が行われるように、コンピュータの再起動時にのみ実行できます。

ポイントは

Wininit.exe ファイルは .ini ファイルを起動するプログラム ファイルです。

の部分ですね。

「.ini ファイル」は、いわゆる「設定ファイル」と呼ばれるやつです。
動かす上で必要なあれやこれやの設定が書かれています。

つまり「wininit.exe」は

Windowsで使う設定ファイルを読み込むプログラム

ということでしょう。
めっちゃ大事なやつっぽいですね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「wininit.exe」って単語が出てきたら「Windowsが動くときに必要な実行ファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク