[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

lsm.exe

pointこの用語のポイント

pointWindowsが動くために必要な実行ファイルだよ

point「ローカル セッション マネージャー サービス」とかいう名前らしいよ

point止めちゃいけない大事なやつだよ

point私の環境では「%systemroot%\System32\lsm.exe」にあったよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

lsm.exeとは

Windowsさんが動くために必要な、大事な実行ファイルのひとつ
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

Windowsは「Microsoftさんが作っているOSの名前(のシリーズ名部分)」ね。
OSは、パソコンさんの「これが無いとパソコンじゃねーよ」な基本ソフトです。
パソコンさんの人格に相当するソフトで、パソコンさんはOSを入れることで、はじめてパソコンとしてのお仕事ができます。

lsm.exe

実行ファイル」の説明もしておきましょう。
実行ファイルは「プログラムファイル」です。
べちべちっ!とダブルクリックすると、お仕事を始めます。
(Windowsの場合)拡張子は「.exe」であることが多いです。

lsm.exe2

以上が予備知識です。

ここまでを踏まえて、Windowsが動くために必要な実行ファイル(のひとつ)が「lsm.exe」です。
よく分からなければ、Windowsさんの一部と考えても構いません。

「lsm.exe」は、私の環境(Windows 7の64bit版)では以下の場所にありました。

%systemroot%\System32\lsm.exe

また「lsm.exeのプロパティ」画面の説明欄には「ローカル セッション マネージャー サービス」と書いてあります。
プロパティ画面は「lsm.exe」ファイルを右クリックして表示されたメニューの「プロパティ」を選択すると開きます。

lsm.exe3

「ふ~ん(--)」って感じですね。
せっかくなので、それぞれの用語について簡単に説明しておきましょうか。

ローカルは「自分のところだよー」って意味ね。
ここでは、あなたの目の前にあるパソコンのことだとお考えください。

セッションは「『こんにちは』から『さようなら』まで」です。
通信などにおける論理的な意味での開始から終了までをセッションと言います。
よく分からない人は、よく分からないままで構いません。
セッションが何か分かっても「lsm.exe」を理解する助けには大してならないです。

マネージャーは「管理」ですね。

サービスは、ここでは「Windowsの常駐プログラム」と解釈してください。

これらの意味をくっつけて意訳すると

パソコンのセッションを管理するWindowsの常駐プログラム

となります。

なるほど!

セッションを管理するのがお仕事のプログラムなのですね。

「セッションを管理する」が具体的にどんなお仕事なのかは私も知りません。
どうしても気になる人は、Windowsの中身を知っている人に訊いてください。

私が分かっているのは

とっても大事なプログラムで、こいつが止まるとパソコンさんは再起動しやがります

くらいです。

実はですね。

興味本位で「lsm.exe」さんを止めてみたのです。
そうしたら、画面上に

へーい。なんかおかしなことになったぜー。仕方ねーから1分後に再起動するわ!(意訳)

とメッセージが表示されて1分後に再起動しました。

表示されたメッセージには「キャンセル」ボタンはもちろんのこと「OK」ボタンすら付いていませんでした。
キャンセル不可、問答無用の再起動です。

こいつがいないとWindowsさんがふて寝しちゃうくらい大事なファイルみたいですね。
止めちゃいけない大事なやつっぽいので、見かけてもそのままにしてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「lsm.exe」って単語が出てきたら「Windowsが動くときに必要な実行ファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク