[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

lsass.exe

pointこの用語のポイント

pointWindowsが動くために必要な実行ファイルだよ

point「Local Security Authority Process」とかいう名前だよ

pointアカウントの管理とかをやってくれるらしいよ

point私の環境では「%systemroot%\System32\lsass.exe」にあったよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

lsass.exeとは

Windowsさんが動くために必要な、大事な実行ファイルの一つ
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

Windowsは「Microsoftさんが作っているOSの名前(のシリーズ名部分)」ね。
OSは、パソコンさんの「これが無いとパソコンじゃねーよ」な基本ソフトです。
パソコンさんの人格に相当するソフトで、パソコンさんはOSを入れることで、はじめてパソコンとしてのお仕事ができます。

lsass.exe

実行ファイル」の説明もしておきましょう。
実行ファイルは「プログラムファイル」です。
べちべちっ!とダブルクリックすると、お仕事を始めます。
(Windowsの場合)拡張子は「.exe」であることが多いです。

lsass.exe2

以上が予備知識です。

ここまでを踏まえて、Windowsが動くために必要な実行ファイル(の一つ)が「lsass.exe」です。
よく分からなければ、Windowsさんの一部と考えても構いません。

「lsass.exe」は、私の環境(Windows 7の64bit版)では以下の場所にありました。

%systemroot%\System32\lsass.exe

また「lsass.exeのプロパティ」画面の説明欄には「Local Security Authority Process」と書いてあります。
プロパティ画面は「lsass.exe」ファイルを右クリックして表示されたメニューの「プロパティ」を選択すると開きます。

lsass.exe3

「Local Security Authority Process」を某翻訳ソフトに機械翻訳してもらったところ

ローカルなセキュリティ権限プロセス

と言われました。
「ふ~ん(--)」って感じですね。
せっかくなので、もう少し細かく見ておきましょうか。

ローカルは「自分のところだよー」って意味ね。
ここでは、あなたの目の前にあるパソコンのことだとお考えください。

lsass.exe4

セキュリティはセキュリティですね。
安全を守ることです。

lsass.exe5

権限は「やれるのか、おい」です。
「権限がある」であれば「やって良いよ」ですし「権限がない」であれば「やっちゃ駄目だよ」の意味になります。

プロセスは「メモリを使って、なんかやっているプログラムひとつひとつ」です。
プログラムは、動いていればメモリを使っています。
よく分からなければ「実行中のプログラム」と読み替えてください。

lsass.exe6

これらの意味を単純にくっつけると

自分のところのセキュリティ周りの権限をあーだこーだする実行中のプログラム

となります。
行間を汲み取って意訳すると

パソコンのアクセス権周りのお仕事をしているプログラム

でしょうか。
アカウントの管理とか、そこら辺のお仕事をしてくれているようです。

実は、具体的に何をやっているかは私も知りません。
どうしても気になる人は、Windowsの中身を知っている人に訊いてください。

私が分かっているのは

こいつがちゃんと動いていないとパソコンにログインできなくなることもある

くらいです。

うん、大事な情報ですね。

パスワードを設定していると、パソコンを使うときに「おまえ、誰よ?名前を名乗りな」と言われるはずです。
いわゆる「認証する」ってやつですね。
その過程を経て、パソコンさんに「あぁ、おまえは使って良いやつか」と認められる(ログインする)ことで、パソコンを使えます。

「lsass.exe」さんは、ここら辺のお仕事もしてくれています。
ですから「lsass.exe」さんがラリっちゃうと、まともな認証ができなくてログインできなくなる……こともあるようです。
実際に私は遭遇したことないですが、そうらしいですよ。

また「lsass.exe」はWindowsに最初から含まれているファイルです。

つまり、超有名です。

人間様の場合でも、マイナーな人よりも大物有名人の方が安心感がありますよね。
ですから、有名人の名前を騙った詐欺なんかが世の中にはあります。

それと同じで、コンピュータウイルスさんの中にも「lsass.exe」の振りをするやつがいます。
「ボクはウイルスじゃないよ。Windowsの中に最初からいるやつだよ」とアピールしているのです。
本当はウィルスの癖に。けっ。

あるいは「lsass.exe」さん自体は正規のファイルでも、コンピュータウィルスさんに利用されてしまう場合もあります。
人間様の場合でも、そうとは知らず、大物有名人が詐欺の片棒を担いでいたりすることがありますよね。
それと同じです。

例えば、ファイルの場所が

%systemroot%\System32\lsass.exe

以外にあったり、なんか怪しいときはウィルススキャンをしてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「lsass.exe」って単語が出てきたら「Windowsが動くときに必要な実行ファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク