[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

csrss.exe

pointこの用語のポイント

pointWindowsが動くために必要な実行ファイルだよ

point「クライアント・サーバ・ランタイム・プロセス」とかいう名前らしいよ

point私の環境では「%systemroot%\System32\csrss.exe」にあったよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

csrss.exeとは

Windowsさんが動くために必要な、大事な実行ファイルの一つ
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

Windowsは「Microsoftさんが作っているOSの名前(のシリーズ名部分)」ね。
OSは、パソコンさんの「これが無いとパソコンじゃねーよ」な基本ソフトです。
パソコンさんの人格に相当するソフトで、パソコンさんはOSを入れることで、はじめてパソコンとしてのお仕事ができます。

csrss.exe

実行ファイル」の説明もしておきましょう。
実行ファイルは「プログラムファイル」です。
べちべちっ!とダブルクリックすると、お仕事を始めます。
(Windowsの場合)拡張子は「.exe」であることが多いです。

csrss.exe2

以上が予備知識です。

ここまでを踏まえて、Windowsが動くために必要な実行ファイル(の一つ)が「csrss.exe」です。
よく分からなければ、Windowsさんの一部と考えても構いません。

「csrss.exe」は、私の環境(Windows 7の64bit版)では以下の場所にありました。

%systemroot%\System32\csrss.exe

また「csrss.exeのプロパティ」画面の説明欄には「クライアント サーバー ランタイム プロセス」と書いてあります。
プロパティ画面は「csrss.exe」ファイルを右クリックして表示されたメニューの「プロパティ」を選択すると開きます。

csrss.exe3

「ふ~ん(--)」って感じですね。
せっかくなので、それぞれの用語について簡単に説明しておきましょうか。

クライアントは「サービスを受ける方(使う方)」の意味です。
サーバは「サービスを提供する方(使われる方)」の意味になります。

csrss.exe4

ランタイムの意味は「実行時」もしくは「実行時に必要な物」です。
今回は、ざっくりと「動かすときに必要な部品」程度に解釈してください。

csrss.exe5

プロセスは「メモリを使って、なんかやっているプログラムひとつひとつ」です。
プログラムは、動いていればメモリを使っています。
よく分からなければ「実行中のプログラム」と読み替えてください。

csrss.exe6

これらの意味を単純にくっつけると

使う方と使われる方が動かすときに必要な物で実行中のプログラム

となります。
もう少し日本語っぽくすると

アレとコレがやり取りするときに必要なプログラム

でしょうか。
どうやら何かと何かの仲立ちをするのが、お仕事みたいです。

「csrss.exe」が具体的に何をやっているかは私も知りません。
どうしても気になる人は、Windowsの中身を知っている人に訊いてください。

また「csrss.exe」はWindowsに最初から含まれているファイルです。

つまり、超有名です。

人間様の場合でも、マイナーな人よりも大物有名人の方が安心感がありますよね。
ですから、有名人の名前を騙った詐欺なんかが世の中にはあります。

それと同じで、コンピュータウイルスさんの中にも「csrss.exe」の振りをするやつがいます。
「ボクはウイルスじゃないよ。Windowsの中に最初からいるやつだよ」とアピールしているのです。
本当はウィルスの癖に。けっ。

例えば、ファイルの場所が

%systemroot%\System32\csrss.exe

以外にあったり、なんか怪しいときはウィルススキャンをしてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「csrss.exe」って単語が出てきたら「Windowsが動くときに必要な実行ファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク