[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ブラッシュアップ (brushup)

pointこの用語のポイント

pointより良いものにすることだよ

point現状を見直して手を加えることだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ブラッシュアップ (brushup)とは

現状の物を見直したり修正したりして、より良いものにすること
です。

image piyo

詳しく書くよ

別にIT用語というわけでもないですけどね。
横文字大好きIT業界では、ちょいちょい登場する用語です。
暇な人は覚えてあげてください。

「対象となる物の現在の状況を見直して、必要に応じて修正を加えたりすることによって、より良いものに仕上げること」をカッコつけて表現したのが「ブラッシュアップ」です。
取りあえずで用意した物の完成度を上げる、あるいは、不安の残る技能や技術を磨き上げる作業を指します。

ブラッシュアップ

「ブラッシュアップ」という単語が出てきたら「完成度を上げる」や「磨き上げる」などと読み替えれば、意味は掴めると思います。

また、ブラッシュアップする対象となるのは資料やプログラム、技能や技術、企画等です。
「○○の現状を見直して、より良いものにしましょう!」の意図で「○○をブラッシュアップしましょう!」と言われたりします。

「ブラッシュアップ」という用語は、良くも悪くも便利なやつです。
先延ばしにするための魔法の言葉としても使えるので、ご注意ください。
「後でブラッシュアップしよう(取りあえずは適当でもいーや)」「後でブラッシュアップする予定です(これは取りあえずの成果物だから、細かいこと言わないでね)」のような使い方もできますよ。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ブラッシュアップ」って単語が出てきたら「より良いものにすることなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク