[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

OJT

pointこの用語のポイント

point研修だよ

point実際の現場であれこれやってみながら、お仕事のやり方を学ぶよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

OJTとは

現場研修のこと。
もう少し具体的に書くと

実際のお仕事現場に行って、先輩の働きっぷりを見たり、ちょっとした作業をやらせてもらったりしながらお仕事のやり方を学ぶ研修
です。

image piyo

詳しく書くよ

別にIT用語というわけでもないですけどね。
新入社員研修の一環として、よく登場します。
社会人になる予定のある方は覚えておいてください。

「お金は研修室で稼いでいるんじゃない!現場で稼いでいるんだぁ!」ということで「実際の現場であれこれやってみよう!」な研修が「OJT」です。
On the Job Training(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)」の略で「OJT」ですが、別に覚える必要はありません。
実際のお仕事現場に行って先輩の働きっぷりを「ふむふむ」と見たり、ちょっとした作業をやらせてもらって「ぐぬぬぬ」となったりすることで現実を味わえや、な研修です。

OJT

というのが、OJTの教科書的な意味です。

実際のところ、特に人手不足の現場なんかでは「研修」の体をなしていないことも少なくありません。

経営者的な視点で見るとですね。
新人研修を行うというのは、それなりに負担なわけです。
教える側のコストがかかりますからね。
自社内で行えば教える係の稼働が取られます。
外部の人にお願いすればお金がかかります。

だから、ある程度基本的なことを覚えてもらったら「後は現場で実際にやってみて慣れてちょ」と言いたくなるわけです。

ここでポイントとなるのは「経営者的な視点」です。
現場の意向は関係ありません。

次に現場の最前線で頑張っている先輩方の視点で考えてみましょう。

日々、自分の仕事に追われているわけです。
そんな状況で、現時点では何の戦力にもならない後輩がやってきます。
そして何より、先輩たちはパソコンをぺちぺち叩くプロではありますが、人に何かを教えるプロではありません。

そんな状況で至れり尽くせりな研修を望むのは難しいでしょう。

ということで、見てもよく分からない資料を渡されて放置されたり、適当に課題を与えられて放置されたり、明らかに雑用っぽい仕事を与えられて放置されたりするのが少なくないのが、現実です。

だからといって、腐ってはいけませんよ。
OJTの一番効果が期待できる点は「現場の雰囲気に慣れる」ですから。

死んだ魚の目でキーボードを叩き続ける先輩、疲れた笑顔で「何か困ったことはない?遠慮なく聞いてね」と声をかけてくれるけど明らかに声をかけて欲しくはなさそうな先輩、そんな先輩方と接して学生気分を払しょくしてください。

あくまで個人的な意見ですが、OJTを「現場でやってもらえる研修」と捉えると、不満を感じることが少なくない気がします。
「現場に味噌っかすとして混ぜてもらう体験学習」と捉えると、有意義に時間を過ごせると思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「OJT」って単語が出てきたら「現場研修のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク