[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

アライアンス (alliance)

pointこの用語のポイント

point「提携」とか、そんな感じの意味だよ

point「業務提携」と読み替えちゃって良いよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

アライアンス (alliance)とは

「提携」とか「連携」とか「協力」とか、そんな感じの意味の用語
です。

image piyo

詳しく書くよ

別にIT用語というわけでもないですけどね。
横文字大好きIT業界でも、たまに登場するらしいです。
気が向いた方は覚えてあげてください。

「提携」とか「連携」とか「協力」とか、そんな意味のことをカッコつけて言った表現が「アライアンス」です。
「一緒にがっぽがっぽと儲けてやりましょうぜ~ぐへへへへ」と手を組むことを指します。

アライアンス

出てくるのは「アライアンスを組む」や「アライアンスを結ぶ」といった表現でしょう。
どちらも「お互いの利益のために一緒に頑張ろう関係になる」の意味です。
「業務提携」と読み替えてしまっても構いません。

とはいえ、私は経済ニュースとかでしか見たことないですけどね。
実際に「アライアンスがー」「アライアンスがー」と言ってる人を見たことはありません。
見かけたら「日本にやってきたばかりなのかな。優しくしてあげよう。スシーテンプーラオイシーヨー」と感じると思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「アライアンス」って単語が出てきたら「業務提携のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク