[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

シェア (share)

pointこの用語のポイント

point「共有」とか「分配」とか、そんな感じの意味だよ

pointもしくは「マーケットシェア(市場占有率)」の省略表現だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

シェア (share)とは

「共有」や「分配」をカッコつけて言った言葉。
あるいは

市場における割合(占有率)のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

別にIT用語というわけでもないですけどね。
横文字大好きIT業界では、たまに登場します。
気が向いた人は、覚えてあげてください。

一言で言えば「共有」をカッコつけて言った言葉が「シェア」です。
ここでの「共有」は「一緒に使おうね~」の意味ね。
視点を変えれば「分配する」とも言えます。

何かを一緒に使ったり、分け与えたりするのが「シェア」です。

例えば「料理を一品ずつ頼んでシェアしよう」のような使い方をします。
意味は「料理を一品ずつ頼んで、それを分け合って食べようぜ~」です。

シェア

これが一つ目の意味のシェアです。

他に「マーケットシェア」の省略表現として「シェア」と言う場合があります。

マーケットシェアは、日本語にすると「市場占有率」です。
対象の市場における割合を示します。

こちらは「シェアを奪う」のような使い方をします。
「他の会社を蹴落として、自分たちの製品やサービスを使う人を増やす」のようなニュアンスの意味です。

どちらの意味の「シェア」か判断に迷う場合は、使い方が動詞だったら前者の意味(共有、分配)、名詞だったら後者の意味(市場占有率)、と捉えてください。
それで困ることは、ほとんど無いと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「シェア」って単語が出てきたら「共有すること、もしくは、市場における割合のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク