[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ブレスト

pointこの用語のポイント

point良いアイディアをたくさん出すのが目的の会議だよ

point「結論を出さない」「ヤバい意見を歓迎する」「とにかくいっぱい出す」「アイディア同士をくっつける」が原則だよ

point「ブレインストーミング」の省略表現だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ブレストとは

「ブレインストーミング」のこと。
つまり

「下手な鉄砲数打ちゃ当たる方式で自由で斬新なアイディアを出し合おうぜ~。出た意見を批判したりはしないから好き勝手に喋って良いよ~。後、結論は出さないからね~」な、より良いアイディアを生み出すのが目的の会議
です。

image piyo

詳しく書くよ

※このページの説明は「ブレインストーミング」の説明と、ほとんど同じです。既に「ブレインストーミング」の説明をご覧になった方は、読んでもあまり意味は無いと思います。

別にIT用語では無いですけどね。
横文字大好きIT業界では、実は暇なんだけど忙しい振りをしたいときなんかに、ちょいちょい登場します。
IT業界と関わりを持つ予定がある人は覚えておいてください。

一言で言えば「アイディア出し会議」をカッコつけて言ったのが「ブレスト」です。
ブレストは「ブレインストーミング」の省略表現です。
みんなでぺちゃくちゃ喋って、脳みそを刺激することによって、より良いアイディアをたくさん生み出すことを目的として行います。

ブレスト

ゲームに例えると

新しい武器の素材集め

ですね。
これから、みなさんは新しい武器(新サービスや新製品)を持って、ビジネスの世界に殴り込むわけです。
その武器を作る元、素材(アイディア)を集める作業がブレストです。

ブレスト2

ブレストには4つの原則があります。

1.結論を出さない
2.ヤバい意見を歓迎する
3.とにかくいっぱい出す
4.アイディア同士をくっつける


の4つです。

1つずつ見ていきましょう。

まずは

1.結論を出さない

です。

これは「批判をしない」と表現される場合もあります。

ブレストというのは、アイディア出しを目的に行うものです。
既成概念にとらわれず、自由に考え、自由なアイディアを、たくさん出すのが目的です。

それを阻害する要因は避けるべきです。

結論を出そうとしたり、アイディアの有効性を考え始めると「自由なアイディアを、たくさん出す」という作業が止まります。
だから、批判したり、結論を出そうとしたりしてはいけないのです。

「ゴミクズみたいなアイディアがいくつあっても役に立たない」「結論を出さない会議なんて時間の無駄だ」と感じる人もいるでしょうが、我慢してください。

アイディアの有用性を考えたり、結論を出すことは必要です。
ただし、それはブレストの次の段階です。

ブレストは、それ単体で完結するものではありません。
先程、ブレストを

新しい武器の素材集め

と書きました。

そうです。
素材集めなのです。

その素材が武器に使えるか考えたり、どの素材で武器を作るか考えるのは、素材集めの次の段階です。
まずは、素材集めに集中してください。

これが1つ目の原則

1.結論を出さない

の説明です。

次に2つ目の原則

2.ヤバい意見を歓迎する

の説明を行います。

「ヤバい」と書くとヤバそうですが

普通の人が考えないような突飛な意見を喜ぶ

という意味です。
単純に

レア度の高い素材を集めると可能性が広がる

と考えてください。

そこら辺にある鉄で作った武器と、伝説の素材オリハルコンで作った武器を比べてみましょう。
実際どうかは別にして、オリハルコンで作った武器の方が凄そうじゃないですか?

オリハルコンは誰も見たことがない素材です。

加工するのは大変でしょう。
もしかしたら、武器には向かないかもしれません。

でも、もしかしたら、ものすごい攻撃力を発揮するかもしれませんよね。

鉄で作った武器の攻撃力が50~70の間だと仮定すれば、オリハルコンで作った武器の攻撃力は0~100です。
ビックリするくらいショボいかもしれませんが、ビックリするくらい威力があるかもしれません。

何度も同じことを書きますが、ブレストは

新しい武器の素材集め

です。

希少価値の高い素材がたくさんあった方が、選択肢は広がりますよね。
だから、ヤバい意見を歓迎します。

ただし、希少価値の高い素材があれば、それで事足りるとは限りません。
そこら辺にある、鉄や銅なんかも必要になることはあるでしょう。
ヤバい意見を歓迎しますが、それと同じくらい、ヤバくない意見も歓迎します。

これが2つ目の原則

2.ヤバい意見を歓迎する

の説明です。

次に3つ目の原則

3.とにかくいっぱい出す

の説明を行います。

3つ目の原則は「質より量を重視する」ことを意味します。

集める素材は少ないより多い方が良いですよね。

ある人は、希少価値の高いオリハルコンを探し求めて、旅をしました。
そして1か月後、オリハルコンを持って戻ってきました。

その間に、別の人は金と銀と銅と鉄と水と土と動物の毛皮と木の皮とピヨ太君を入手していました。

必ずしもそうとは言い切れませんが、一般的には、後者の方が良いはずです。
選択肢が多いですからね。

「使えそうなものは、片っ端から集めておこう」の精神で素材を集めてください。

これが3つ目の原則

3.とにかくいっぱい出す

の説明です。

最後に4つ目の原則

4.アイディア同士をくっつける

の説明を行います。

これは「素材同士を混ぜ合わせて新しい素材を作る」ことを意味します。

例えば、銅と錫(スズ)を混ぜて、青銅を作る作業です。
銅も錫(スズ)も、それ単体でも素材と言えます。
その上で、それらを混ぜ合わせることで、新しい素材が生まれましたね。

4番目の原則は毛色が違う気もしますが、目的が「素材集め」という点が共通です。

そうです。
目的はあくまで「素材集め」です。
そこを間違えないでください。

素材を研磨することが目的ではありません。
既にある素材を組み合わせることによって新しい素材を作り出すこと、つまり、新しい素材を入手することが目的です。

これが4つ目の原則

4.アイディア同士をくっつける

の説明です。

何度も同じことを書きますが、ブレストは

新しい武器の素材集め

です。

4つの原則

1.結論を出さない
2.ヤバい意見を歓迎する
3.とにかくいっぱい出す
4.アイディア同士をくっつける


は、より良い素材をたくさん集めることを目的として、設定されています。多分。

何度も何度も同じことを書いてしつこいですが、ブレストは

新しい武器の素材集め

です。
忘れないでください。

何が言いたいかというと

素材を集めただけじゃ何の意味もない

のです。

ブレストをすると、一仕事終わった気分になって満足することも少なくありません。

ですが、それは勘違いです。

ブレストの結果を用いて何かをすることによって、はじめてブレストが意味を持ちます。
暇潰しならともかく、ビジネスにおけるブレストは、それ単体で完結するものではありません。
せっかくブレストに使った時間を無駄にしないよう、ご注意ください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ブレスト」って単語が出てきたら「アイディア出し会議なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク