[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

sppsvc.exe

pointこの用語のポイント

pointWindowsのサービス「Software Protection」で使う実行ファイルだよ

pointWindowsのライセンス認証関連のお仕事をしているよ

point私の環境では「%systemroot%\System32\sppsvc.exe」にあったよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

sppsvc.exeとは

Windowsのライセンス認証関連の仕事をしているWindowsのサービス「Software Protection」の実行ファイル
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

Windowsは「Microsoftさんが作っているOSの名前(のシリーズ名部分)」ね。
OSは、パソコンさんの「これが無いとパソコンじゃねーよ」な基本ソフトです。
パソコンさんの人格に相当するソフトで、パソコンさんはOSを入れることで、はじめてパソコンとしてのお仕事ができます。

sppsvc.exe

サービスは「Windows常駐プログラム」です。
常にメモリ上にいて、いつでもお仕事ができるようにスタンバっています。

sppsvc.exe2

Windowsのサービスは、いろいろあります。
その中の一つが「Software Protection」です。

Windows 7を例に説明しますが

コントロールパネル
 ↓
管理ツール
 ↓
サービス


と移動すると、サービスの一覧の中に、名前が「Software Protection」になっているサービスがあるはずです。

その行をべちべちっ!とダブルクリックすると「Software Protection のプロパティ」画面が開きます。

sppsvc.exe3

「Software Protection のプロパティ」画面のサービスの説明欄には

Windows と Windows アプリケーションのデジタル ライセンスのダウンロード、インストール、および実施を有効にします。このサービスを無効にした場合、オペレーティング システムおよびライセンスされたアプリケーションは、通知モードで実行される可能性があります。ソフトウェア保護サービスを無効にしないことをお勧めします。

と書いてありました。

sppsvc.exe4

なんか長々と書いてありますが、やっていることの説明は

Windows と Windows アプリケーションのデジタル ライセンスのダウンロード、インストール、および実施を有効にします。

の部分です。
要するに

ライセンス認証関連のお仕事をしているよ。

と言っています。

そうです。
Software Protectionは、Windowsのライセンス認証関連の仕事をしているのです。

ちなみに、ライセンス認証は「おまえ、このソフトを使って良いやつ?」な確認ね。

Windowsは、お金を払って買って使うものです。
お金を払うと「これは君が使って良いよ」な権利をもらえます。
それを元に、ソフトに対して「俺はこれを使って良いやつだ。ほら、これがその証拠だ」と証明します。
その過程を経て、普通に使えるのです。

Software Protectionは、このチェックをしています。
「君はお金を払ったって証明済みかな?」というチェックを行い、証明できていなければ「君、本当に買ったの?買ったんだったら証拠を見せてよ」と迫るのがお仕事です。

先程のサービスの説明には

このサービスを無効にした場合、(中略)通知モードで実行される可能性があります。ソフトウェア保護サービスを無効にしないことをお勧めします。

と書いてありました。
これは、無効にすると「君、本当に買ったの?買ったんだったら証拠を見せてよ」と迫ってくるということでしょう。

無効にすると、買ったかどうかのチェックができないよ。
そうすると「君、本当に買ったの?」って、しつこく聞いてくるかもしれないよ。
だから、無効にしないことをお勧めするよ。


と言っているわけです。

これが、Software Protectionの説明です。

あとは、肝心要の「実行ファイル」ですね。
実行ファイルは「プログラムファイル」です。
べちべちっ!とダブルクリックすると、お仕事を始めます。
(Windowsの場合)拡張子は「.exe」であることが多いです。

sppsvc.exe5

以上が予備知識です。

ここまでを踏まえて、Windowsのライセンス認証関連のお仕事をしているWindowsのサービス「Software Protection」の実行ファイルが「sppsvc.exe」です。

「sppsvc.exe」は、私の環境では以下の場所にありました。

%systemroot%\System32\sppsvc.exe

また「sppsvc.exeのプロパティ」画面の説明欄には「Microsoft ソフトウェア保護プラットフォーム サービス」と書いてあります。
プロパティ画面は「sppsvc.exe」ファイルを右クリックして表示されたメニューの「プロパティ」を選択すると開きます。

sppsvc.exe6

何となく、言いたいことは分かりますかね。
「保護」の対象となるのは「権利」です。
「海賊版なんか許さねーぜ!正規品の権利を守れー!」という意思が込められています。

なお、Software Protectionサービスを無効にする(「sppsvc.exe」のお仕事スタンバイを解除する)やり方は以下の通りです。

まず

コントロールパネル
 ↓
管理ツール
 ↓
サービス


と移動して、名前が

Software Protection

の行をダブルクリックします。

そうすると「Software Protection のプロパティ」画面が開きますので「スタートアップの種類(E):」を「無効」にして「OK」ボタンを押します。

sppsvc.exe7

これで、Software Protectionサービスが無効になるはずです。
「sppsvc.exe」も、お仕事をしなくなります。

ただし、Software Protectionサービス(sppsvc.exe)は、Windowsを使うためには動かしておく必要があります。
自分でやり方を書いておいてなんですが、止めてはいけません。

正規に買ったものであれば、余計なことはせず、正々堂々とライセンス認証のチェックを受けてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「sppsvc.exe」って単語が出てきたら「Windowsのサービス『Software Protection』で使う実行ファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク