[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

リスケ

pointこの用語のポイント

point予定を組み直すことだよ

point「リスケジュール」の省略表現だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

リスケとは

「リスケジュール」のこと。
つまり

予定を組み直すこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

※このページの説明は「リスケジュール」の説明と、ほとんど同じです。既に「リスケジュール」の説明をご覧になった方は、読んでもあまり意味は無いと思います。

別にIT用語では無いですけどね。
横文字大好きIT業界では、当たり前のように登場します。
IT業界と関わりを持つ予定がある人は覚えておいてください。

「予定を組み直す」や「計画を立て直す」を意味する用語が「リスケ」です。
リスケジュール」の略で「リスケ」ですよ。

IT業界、特にシステム開発の現場は

・時間が足りない
・お金が足りない
・人が足りない


のナイナイ尽くしであることが少なくありません。

最初に一応の計画は立てるのです。
「こーやって進めて、いついつまでに完成させましょう。お金と人はこれくらいかかりますかね」と、予定は組みます。

リスケ

ですが、残念ながら予定通りに進むことは多くありません。
想定外の問題が発生する、そもそも最初の計画が無謀、など様々な要因により、予定は崩れます。

リスケ2

予定通りに進まないのは、IT業界では当たり前です。
そう諦めている作業者も少なくないので、予定を守ろうと努力すらしない人もいます。

リスケ3

結果として、残業は増え、休日出勤は増えます。
それでも、ちっとも終わりは見えず、疲弊していくのです。

そんな状況を打破するマジックワードが「リスケしましょう」です。

リスケ4

このマジックワードを唱えると、瞬間的に問題が解決した気分になれます。

リスケジュール5

気のせいですけどね。

でも、なぜか解決した気分になるのですよ。
不思議ですが事実です。

繰り返しになりますが、IT関係の仕事は、なぜか予定通りに進まないことが多いです。
予定を見直す必要に迫られることが少なくありません。
他業種の方は信じられないかもしれませんが「リスケのリスケのリスケ」とかも、意外と現実的な頻度であります。

それに伴い「リスケ」という用語も頻繁に耳にするでしょう。
ご愁傷様です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「リスケ」って単語が出てきたら「予定を組み直すことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク