[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

SGML

pointこの用語のポイント

pointマークアップ言語だよ

pointHTMLとかXMLの元になったやつだよ

point最近は、あまり使われていないよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

SGMLとは

マークアップ言語のひとつでHTMLとかXMLの親みたいなもの
です。
よく分からなければ

ファイルに書かれた文章に対する、目印の付け方ルール(のひとつ)
と考えて構いません。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

マークアップ言語は「タグで囲む(マークをつける)ことで構造を表現する言語」ね。

例えば、ピヨ太君が、とある文書ファイル

ピヨ太君は、とってもお腹が空いています。

と書いたとします。

SGML

ピヨ太君は、すごいお腹が空いているのです。
この文章の「とっても」の部分を強調したいです。

SGML2

ピヨ太君が文章を書いた文書ファイルには「<strong>」と「</strong>」で囲った部分は強調扱いになる、というルールがありました。
そこで、ピヨ太君は文書ファイルの中身を

ピヨ太君は、<strong>とっても</strong>お腹が空いています。

と書き換えました。

これで、ピヨ太君のお腹の空きっぷりが強調されましたね。
ピヨ太君は満足です。

ここで、この文書ファイルの書き方に注目してください。
目印を付けることで「ここは強調だよ」と文書構造を表現しました。

このように、タグで囲む(マークをつける)ことで構造を表現する言語が、マークアップ言語です。
「ピヨ太君が文章を書いた文書ファイルは、マークアップ言語で書かれている」ということができます。

さて、世の中には、いろいろなマークアップ言語があります。
ホームページを作るときに使う「HTML」も、そのひとつです。

HTMLのルールに則って文書ファイルを作ると、Webブラウザ(ホームページを見るときに使うソフト)を通して見たときに、なんか装飾された状態で表示されます。

例えば、HTMLのルールに則って「ここは太字にしてね」と目印を付けておくと、Webブラウザで見たときには太字になっています。
同じように、HTMLのルールに則って「ここは赤字にしてね」と目印を付けておくと、Webブラウザで見たときには赤字になっているでしょう。
「ここに画像を表示してね」な目印を付けておけば画像が表示されますし、その他にもいろいろな指定ができます。

少し話が逸れ気味ですが、実際の例も書いておきましょう。
ホームページのファイル

ここは<strong>重要なところ</strong>です。

と書くと、Webブラウザで見たときには

ここは重要なところです。

と表示されます。
これがHTMLの使用例です。

他にも「XML」なんていうマークアップ言語もあります。
説明を書くのに疲れてきたので、少し端折りますね。

XMLは「HTMLの親戚みたいなもの」です。
XMLは、HTMLより自由だけどルールが厳しいのが特徴です。

HTMLと違って、XMLはホームページ以外でも登場します。
その代わり、HTMLよりもルールをきっちりと守らなくてはいけません。

ここまでの説明で、何となく「マークアップ言語」「HTML」「XML」については、イメージできたでしょうか?

繰り返しになりますが、世の中には、マークアップ言語がいろいろあります。

そんな、いろいろあるマークアップ言語のひとつで、HTMLやXMLの元になっているのが「SGML」です。
Standard Generalized Markup Language(スタンダード・ジェネラライズド・マークアップ・ラングエッジ)」の省略で「SGML」ですが、別に覚える必要はありません。

HTMLはSGMLを元にして作られました。
XMLもSGMLを元にして作られました。

ですから、SGMLはHTMLやXMLの親みたいなものだと言えるでしょう。

SGML3

SGML自体は、もうあまり使われなくなっていますけどね。
2015年9月時点では、SGMLの代わりにXMLがよく使われるようになっています。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「SGML」って単語が出てきたら「文章に対する目印の付け方ルール(のひとつ)で、HTMLとかXMLの元にやったやつなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク