[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

x86

pointこの用語のポイント

point32bit版だよ

pointCPUの話とかOSの話とかソフトの話とかで出てくるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

x86とは

「32bit版ですよ」な目印
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「bit」と「CPU」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

bitは「0か1が入っている箱」です。
情報量を表す単位として使われます。

x86

1bitは「0か1が入っている箱が1つ」なので「0」か「1」のどちらかです。
これが2bitだと「0か1が入っている箱が2つ」なので「00」「01」「10」「11」の4パターンのどれかになります。
8bitだと「0か1が入っている箱が8つ」なので「00000000」「00000001」「00000010」……「11111111」と256パターンのうちのどれかになります。
16bitだと「0か1が入っている箱が16個」なので……適当に計算してください。

CPUは「実際に計算したりあれやこれやの処理を実行するパソコンの部品」です。

x862

パソコンさんがお仕事をしているときは、このCPUさんが一生懸命働いています。
パソコンさんの脳みそに相当する部品です。

x863

実はこのCPUさん、ざっくり分けて、32bit版のCPUと64bit版のCPUの2種類あります。

x864

過去には16bit版のCPUとかもありました。
将来的には128bit版のCPUとかも出てくると思います。

ですが、2015年9月現在の状況では、32bit版と64bit版だけ押さえておけば大丈夫です。
「CPUには32bit版と64bit版があって、64bit版が主流になってきてるんだな~」と理解してください。

また、32bit版CPUと64bit版のCPUの違いは、ここでは意識する必要はありません。
単純に「数字が大きい方が頭が良い」と考えて結構です。
「64bit版の方が32bit版より新しくて高性能」くらいの、ざっくりとした理解に留めておいてください。

以上を踏まえて、32bit版のCPUを表す表現が「x86」です。
ついでなので書いておくと、64bit版のCPUは「x64」と表現されます。

x865

厳密にはちょっと違うのですけどね。
ざっくりと書くと、そんな説明になります。
正確な情報が欲しい人は、他のところで情報を補完してください。

この

32bit版のCPU:x86
64bit版のCPU:x64


を基本として、それ以外にも、32bit版の○○は「x86系」、64bit版の○○「x64系」といった表現がされることが多いです。

例えば、Windowsにも32bit版と64bit版があります。

32bit版のWindowsは、32bit版のCPUで動かすことを想定して作られたWindowsです。
64bit版のWindowsは、64bit版のCPUで動かすことを想定して作られたWindowsです。

32bit版のWindowsを「Windows(x86)」と表現したりします。
同じ理屈で、64bit版のWindowsは「Windows(x64)」になります。

あるいは、ピヨ太君が自作のソフト「ピヨピヨソフト」を作ったとしましょう。
このピヨソフトは、32bit版のWindowsで動くやつと64版のWindowsで動くやつの2種類あります。

そんなときに、それぞれのインストーラ(ソフトを使えるように準備してくれるソフト)の名前を

32bit版:piyo2_soft_installer_x86.exe
64bit版:piyo2_soft_installer_x64.exe


とつけたりするのです。

32bit版のWindowsを使っている人は「piyo2_soft_installer_x86.exe」を使います。
64bit版のWindowsを使っている人は「piyo2_soft_installer_x64.exe」を使います。
そうすることによって、自分のWindowsに合ったソフトを入れることができます。

本来の意味とは、ちょっと違いますけどね。
「x86」と出てきたら「32bit版」と読み替えてしまって構いません。
それで意味は通じると思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「x86」って単語が出てきたら「32bit版なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク