[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

10BASE-T

pointこの用語のポイント

pointLANケーブルを挿すところの規格だよ

point最大転送速度が10Mbpsだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

10BASE-Tとは

LANケーブル(インターネットをするときに使う線)を挿すところの規格の一つで、頑張れば10Mbpsくらいのスピードでやり取りできるよ!な規格
です。

image piyo

詳しく書くよ

LANケーブルは「インターネットをするときにパソコンにつなぐ線」ね。
通信でやり取りするデータの通り道です。

10BASE-T

あなたが使っているパソコンさんには、LANケーブルを挿す穴が開いていますよね?

10BASE-T2

有線でインターネットをするときには、その穴に線をプスっと挿して使うはずです。

10BASE-T3

パソコンさんの蓋をパカっと開けて中を見ると分かるのですが、その穴はとある部品にくっついています。
言い方を変えると、LANケーブルを挿す穴がくっついた部品が、パソコンさんの中にはあるわけです。
その部品は、ネットワークカード等と呼ばれています。

10BASE-T4

さて、このネットワークカードですが、いくつかの規格があります。

その規格の一つで「頑張れば10Mbpsくらいの通信速度でやり取りできるっしょ!」な規格の名前が「10BASE-T」です。
ちょっと小難しい表現ですが「最大通信速度が10Mbpsのイーサネットの規格」といった説明が、よくされます。

きちんと理解しようと思うと結構ややこしいのですが、大雑把に理解する分には、難しく考える必要はありません。

通信(するときに使う部品)に関する規格です。
頑張れば10Mbpsのスピードが出ます。

ただそれだけです。

例えば「10BASE-T対応のネットワークカード」と出てきた場合は「最高10Mbpsの速度でやり取りできるネットワークカード」と読み替えてください。

まぁ、10BASE-Tは既に過去の規格ですけどね。
10BASE-Tの仲間には

100BASE-TX:最大通信速度100Mbps
1000BASE-T:最大通信速度1Gbps
10GBASE-T:最大通信速度10Gbps


などがあり、技術の進歩と共に、最大通信速度の大きい規格が登場しています。

そして、規格が違ってもやり取りができないわけではありません。
遅い方に合わせられるだけです。

例えば、自分が1000BASE-T対応で相手の機器が10BASE-T対応だったとしても、やり取り自体はできます。
通信速度が10Mbpsまでしか出ないだけです。

10BASE-T5

「○BASE-T」の選択肢がいろいろあったら、基本的には、数字が大きい物を選んでおけば間違いはありません。
ただし「1000」よりは「10G」の方が強いので、そこだけ、ご注意ください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「10BASE-T」って単語が出てきたら「10Mbpsでやり取りできるよ!なLANケーブルの接続口の規格なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク