[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

非シールドより対線 (UTP)

pointこの用語のポイント

pointより対線の分類だよ

pointシールドされていないよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

非シールドより対線 (UTP)とは

より対線(2本の銅線をよりあわせて1本の線にした線)の分類の一つで、銅線部分がアルミホイルとかでシールドされていない、より対線のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

より対線は「2本の銅線をぐりぐりとよりあわせて1本の線にした線」ね。

例えば、ここに銅線が8本ほどあったとします。

UTP(非シールドより対線)

この銅線を2本ずつぐりぐりとよりあわせます。

UTP(非シールドより対線)2

あとは、それを外皮で覆って一本の線にします。

UTP(非シールドより対線)3

このような構造になっているケーブルが、より対線です。
中の銅線が2本一組でぐりぐりとよりあわさっています。

より対線には、大きく分けて2つの種類があります。

一つは、ぐりぐりよりあわせた銅線たちを、アルミホイルとかでシールドしているより対線です。
ぐりぐりした銅線たちをアルミホイルとかで覆い、それをさらに外皮で覆った構造になっています。

UTP(非シールドより対線)4

もう一つは、ぐりぐりした銅線たちが、アルミホイルとかでシールドされていないより対線です。

UTP(非シールドより対線)5

この2種類のより対線のうち「アルミホイルとかでシールドされていないより対線」が「UTP(非シールドより対線)」です。
Unshielded Twisted Pair(アンシールデッド・ツイステッド・ペア)」の略で「UTP」ですが、別に覚える必要がありません。
日本語訳も「非シールドより対線」「非シールド型より対線」「シールド無しより対線」など、いくつかあります。
適当にフィーリングで理解してください。

UTP(非シールドより対線)は、シールドありのより対線より、ノイズのガードは若干弱めです。
その分、リーズナブルなお値段設定になっています。
普通のLANケーブルは、大体UTP(非シールドより対線)じゃないですかね。

あと、ついでなので書いておくと、シールドされている方のより対線は「STP(シールドより対線)」と呼ばれています。
せっかくなので「UTP(非シールドより対線)」と「STP(シールドより対線)」は、セットで覚えてあげてください。

UTP(非シールドより対線)6

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「UTP(非シールドより対線)」って単語が出てきたら「シールドされていないより対線なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク