[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

アジャイル (agile)

pointこの用語のポイント

pointシステム開発のやり方だよ

point作りながら考えるよ

point工程の後戻りは気にしないよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

アジャイル (agile)とは

「作りながら考えましょう方式」のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

元々システム開発ってのは

1.きっちりヒアリングして~
2.きっちり設計して~
3.きっちり作って~
4.きっちりテストして~
5.完成\(--)/


ってな流れで基本的には工程の後戻りをしない(実際にはよくあるけど)やり方が主流だったのですね。
※これを「ウォーターフォール型」と呼びます。

「でもさ、そうそう予定通りに進むわけないじゃん?」と開き直った人が

1.お客さまの要望をある程度ヒアリングして~
2.何となく作ってテストして~
3.お客さまに見せて~
4.「1.」に戻る
5.なんかそれっぽくなったら完成\(--)/


ってな感じのやり方を考えたのです、多分。
それが「アジャイル」な開発手法です。

旅行するときに何時何分の電車に乗って~どこで乗り換えて~って事前に調べてから動くのがウォーターフォール型です。
方向さえ合っていれば取りあえず来た電車に飛び乗るのがアジャイルですかね。

アジャイル

以下はちょびっとだけ小難しい話です。

アジャイルのメリットは

1.出来た物を実際に見てあれこれ判断できる
 (作ってなんぼのアジャイル開発)

2.方向転換や軌道修正が比較的容易
 (出たとこ勝負のアジャイル開発)

3.上手くやれば開発コストを減らせる
 (いらない物は作らないアジャイル開発)


一方デメリットは

1.工数が見積にくい
  (いつ終わるから分からないアジャイル開発)

2.上手くやらないと収拾がつかなくなる
  (つぎはぎしていくアジャイル開発)

3.人員の入替が大変かもしれない
  (やりながら歴史を積み上げていくアジャイル開発)


ってなところでしょうか。

ウォーターフォールとアジャイル、「どちらが優れている」ではなくて「押さえておくべきポイントが異なる」のだと思います。

個人的に受託開発にはアジャイルは向かないと思いますけどね。
だってどれくらいの工数が必要か分からないんだもん。
逆に保守フェーズはアジャイルの方が便利な気がします。

「このシステムを作るのにいくら」って決まってるならウォーターフォールを選んで「毎月いくらで機能追加してってよ」ならアジャイルを選ぶかな~ってのが個人的な意見です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「アジャイル」って単語が出てきたら「作りながら考える方式のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク