[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

オープン系

pointこの用語のポイント

point業務システムの分類だよ

point汎用系じゃない方だよ

point最近のコンピュータで動くよ

point最近のプログラミング言語で作られることが多いよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

オープン系とは

システムの分類のひとつで、最近のコンピュータで動かすことを想定して、最近のプログラミング言語で作られたような業務システムのこと
です。
もっと大雑把に

汎用系じゃない方
と考えても構いません。

image piyo

詳しく書くよ

汎用系は「汎用機で動くような古い業務システム」ね。

汎用機は「パソコンさんのような小型コンピュータが生まれる前に主流だった、大型のコンピュータシステム」です。
ざっくりと「昔のコンピュータ」くらいの解釈で構いません。

汎用系のシステムは、COBOLなどで作られていることが多いです。
こちらも、ざっくりと「昔のプログラミング言語」くらいの解釈で構いません。

つまり、汎用系というのは

・昔のコンピュータで動く
・昔のプログラミング言語で作られた


業務システムということです。
銀行とかでは、今も現役で活躍していますけどね。

それを踏まえて、業務システムの分類で「汎用系じゃない方」を表す表現が「オープン系」です。

先程、汎用系は

・昔のコンピュータで動く
・昔のプログラミング言語で作られた


業務システムと書きました。

その逆ですから

・最近のコンピュータで動く
・最近のプログラミング言語で作られた


業務システムということです。

普通のパソコンやサーバサービスを提供するコンピュータ)で動く、C言語とかJavaとかで作られた業務システムを指します。

汎用系同様、分類の仕方は結構大雑把です。
そのため、ざっくりとした理解で構いません。

まず、システムの分類のひとつに「業務システム」があります。
業務システムは「お仕事で使うシステム」です。

オープン系

その業務システムの分類として、汎用系とオープン系があります。

オープン系2

時代に着目すると、汎用系は「昔」のシステムです。
オープン系は「今」のシステムになります。

オープン系3

これだけ理解しておけば、そう困ることは無いはずです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「オープン系」って単語が出てきたら「汎用系じゃない方なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク