[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

DCPSysMgrSvc.exe

pointこの用語のポイント

pointDell Control PointのSystem Managerで使われるサービス「Dell ControlPoint System Manager」の実行ファイルだよ

point私の環境では「c:\Program Files\Dell\Dell ControlPoint\System Manager\DCPSysMgrSvc.exe」にあったよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

DCPSysMgrSvc.exeとは

Dellのパソコンに入っている管理系のソフト「Dell Control Point」の一機能である「System Manager」で使われる「Dell ControlPoint System Manager」サービスの実行ファイル
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

Dellパソコンとかを作ったり売ったりしている会社さんね。

Dell製のパソコンには「Dell Control Point」と呼ばれるソフトが入っています。
パソコンの種類によっては入っていないかもしれませんけどね。
少なくとも私のパソコンには入っています。

Dell Control Pointは、パソコンを管理するために用意されたDell独自のソフトです。
Dellのホームページには

トピック1: Dell Control Pointとは
Dell Control Point1.4は、Dellハードウェア構成を簡素化する、Dell製コントロールパネルです。

※2015年8月現在の情報です

と書いてありました。

Dell Control Pointの中には、いくつかのメニューがあります。
その一つが「System Manager」です。

Dellのホームページには

System Manager
周囲の照度やバックライトキーボードの自動調整などの特別な機能を設定する
特定の構成済みのプロファイルにより延長されたバッテリ寿命
バッテリの充電の無効化、バッテリ使用中のNICの有効化などの、追加のバッテリ設定

※2015年8月現在の情報です

と書いてありました。

ふむふむ。

デバイスとか電源周りを管理するときに使う機能みたいですね。
デバイスは「コンピュータにくっつける部品(機器)」程度に解釈してください。
マウスキーボード等の周辺機器をはじめ、CPUとかハードディスクとかなんかそこら辺の部品を一緒くたに表現したいときに使う用語です。

DCPSysMgrSvc.exe

本ページでは「System Manager」とまとめて表現しますが、実際には2つの機能があります。
「システムおよびデバイスマネージャ」と「電源マネージャ」の2つです。

DCPSysMgrSvc.exe2

名前で推測できるとは思いますが「システムおよびデバイスマネージャ」は、デバイス周りの管理系機能です。
「電源マネージャ」は、電源に関する設定が行えます。

これが、System Managerの説明です。

サービス」という用語も覚えておいてください。
サービスは「Windows常駐プログラム」です。
常にメモリ上にいて、いつでもお仕事ができるようにスタンバっています。

DCPSysMgrSvc.exe3

Windowsのサービスは、いろいろあります。
その中の一つが「Dell ControlPoint System Manager」です。

Dell ControlPoint System Managerは、先程説明したSystem Managerで使われるサービスです。

Windows 7を例に説明しますが

コントロールパネル
 ↓
管理ツール
 ↓
サービス


と移動すると、サービスの一覧の中に、名前が「Dell ControlPoint System Manager」になっているサービスがあるはずです。

その行をべちべちっ!とダブルクリックすると「Dell ControlPoint System Manager のプロパティ」画面が開きます。

DCPSysMgrSvc.exe4

「Dell ControlPoint System Manager のプロパティ」画面のサービスの説明欄には

Dell ControlPoint System Manager を正しく操作するために必要なサポートサービス

と書いてありました。

DCPSysMgrSvc.exe5

おぉ、機械翻訳でもしたかのような日本語です。

でも、意味は分かります。
System Managerを動かすときに必要なサービスですね。

これが、Dell ControlPoint System Managerサービスの説明です。

あとは、肝心要の「実行ファイル」の説明ですね。
実行ファイルは「プログラムファイル」です。
べちべちっ!とダブルクリックすると、お仕事を始めます。
(Windowsの場合)拡張子は「.exe」であることが多いです。

DCPSysMgrSvc.exe6

以上が予備知識です。

ここまでを踏まえて、Dell Control Pointの一機能であるSystem Managerで使われるWindowsのサービス「Dell ControlPoint System Manager」の実行ファイルが「DCPSysMgrSvc.exe」です。

私の環境では「DCPSysMgrSvc.exe」は、以下の場所にありました。

C:\Program Files\Dell\Dell ControlPoint\DCPSysMgrSvc.exe

Dell ControlPoint System Managerサービスを無効にする(「DCPSysMgrSvc.exe」のお仕事スタンバイを解除する)やり方は以下の通りです。

まず

コントロールパネル
 ↓
管理ツール
 ↓
サービス


と移動して、名前が

Dell ControlPoint System Manager

の行をダブルクリックします。

そうすると「Dell ControlPoint System Manager のプロパティ」画面が開きますので「スタートアップの種類(E):」を「無効」なり「手動」なりにして「OK」ボタンを押します。
「手動」にした場合は、その後で「停止(T)」ボタンも押してください。

DCPSysMgrSvc.exe7

これで、Dell ControlPoint System Managerサービスが無効になるはずです。
「DCPSysMgrSvc.exe」もお仕事をしなくなります。

ただし、Dell ControlPoint System Managerサービスを無効にするとSystem Managerが、上手く動かなくなるはずです。
普段は止めておいても良いですが、System Managerを使うときは、サービスを開始してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「DCPSysMgrSvc.exe」って単語が出てきたら「Windowsのサービス『Dell ControlPoint System Manager』の実行ファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク