[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

Tbps

pointこの用語のポイント

point単位だよ

point1秒当たり何テラビット扱えるかだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

Tbpsとは

「1秒当たり何テラビット」を表す単位
です。

image piyo

詳しく書くよ

T(テラ)」+「bps」で「Tbps」です。

Tbps

テラは「1兆(10^12)」を指す単位ね。

bpsは「1秒当たり何ビット」を表す単位です。
1秒間に何ビットの値を処理できるかを表します。
「bps」と書くとイメージしにくいかもしれませんが「bits/sec」と同じ意味です。

ついでに書いておくと、ビットは「0か1が入っている箱」です。
コンピュータが処理する最小単位になります。

ここまでを踏まえて「1秒当たり何テラビット」を表す単位が「Tbps」です。
イメージするのが難しければ「tera bits/sec」もしくは「テラビット毎秒」と読み替えてください。

Tbpsという単位は、通信速度の話でよく出てきます。
例えば「1Tbps」であれば、1秒間に1,000,000,000,000個(1×1,000,000,000,000)の「0か1が入っている箱」を送り付けることができますよ~という意味です。

「bps」関連の単位には

・bps:1秒当たり何ビット

を基準として、他にも

kbps:1秒当たり何キロビット
Mbps:1秒当たり何メガビット
Gbps:1秒当たり何ギガビット


のような単位があります。
将来的には、もっと大きな単位も実際に使われるようになるでしょう。

せっかくなので、全部まとめて覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「Tbps」って単語が出てきたら「『1秒当たり何テラビット』のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク