[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ウォッチドッグ (watchdog)

pointこの用語のポイント

pointタイマーだよ

pointシステムや機器がちゃんと動いているか監視するためのものだよ

point定時連絡が途切れたら、異常が起きたと判断するよ

point単に「システムや機器を監視するもの」を指すこともあるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ウォッチドッグ (watchdog)とは

「ウォッチドッグタイマー」の省略表現。
つまり

システムや機器がちゃんと動いているか監視するためのタイマーで「ちゃんと動いてるよ~」な定時連絡が無いと「あっ、動いていないな」と判断して再起動とかしてくれる機器
です。
もう少し大雑把に

「ちゃんと動いているか監視する!」なお仕事をしているシステムや機器
を指す場合もあります。

image piyo

詳しく書くよ

ウォッチドッグタイマーは「ちゃんと動いているか監視するやつ」ね。
システムや機器がちゃんと動いているか監視するためのタイマーです。
一定時間「動いているよ~」な連絡が無いと、異常が起きたと判断して、対象を再起動したりします。

このウォッチドッグタイマーの省略表現が「ウォッチドッグ」です。
ウォッチドッグには「番犬」という意味があります。

例えば、ピヨ太君が徹夜でお勉強をしようとしたとしましょう。

ウォッチドッグ

でも、途中で寝てしまったら大変です。
そこで、ピヨ子さんに見張りを頼むことにしました。

ウォッチドッグ2

とはいえ、ピヨ子さんもピヨ太君をじーっと見続けるのはイヤです。
ピヨ太君もピヨ子さんにじーっと見続けられるのはイヤでしょう。

ウォッチドッグ3

そこで、ピヨ太君の自己申告制にすることにしました。

まず、ピヨ太君がピヨ子さんに「起きてるよ~!」と報告します。

ウォッチドッグ4

そうしたらピヨ子さんは、ストップウォッチで時間を30分間、計ります。

ウォッチドッグ5

ピヨ太君は、お勉強を始めます。

ウォッチドッグ6

ピヨ太君はお勉強を続けますが、開始から30分以内に、再びピヨ子さんに「起きてるよ~」と報告します。

ウォッチドッグ7

これでピヨ子さんは、ピヨ太君が起きていると分かりました。

ピヨ子さんは、ピヨ太君が報告した時間を基準に、再び30分間、時間を計ります。

ウォッチドッグ8

基本的には、これを繰り返すだけです。

ただし、どこかでピヨ太君からの報告が途絶えるかもしれません。

ウォッチドッグ9

ピヨ太君から30分間一度も報告が無かったら、ピヨ子さんは、ピヨ太君が寝てしまったと判断します。

ウォッチドッグ10

その後どうなるかはピヨ子さん次第です。
もしかしたら優しく起こしてあげるかもしれませんが……まぁ、ピヨ太君が無事であることを一緒に祈りましょう。

このお話におけるピヨ子さんがウォッチドッグ(ウォッチドッグタイマー)です。

ウォッチドッグは、監視対象からの定時連絡を受けとります。
定時連絡がある限りは、きちんと動いていると判断します。
定時連絡が途切れたら、異常が発生したと判断して対処します。

それがウォッチドッグさんのお仕事です。

あとは、もう少し大雑把に、ちゃんと動いているか監視するお仕事をしている機器全般を指して「ウォッチドッグ」と表現する場合も、あったりなかったりします。
一応、頭の片隅にでも置いておいてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ウォッチドッグ」って単語が出てきたら「ちゃんと動いているか監視するやつなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク