[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

セグメント方式

pointこの用語のポイント

pointメモリ管理のやり方だよ

point大きさの異なる(同じ大きさとは限らない)セグメント単位で管理するよ

point仮想メモリの話でよく出てくるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

セグメント方式とは

仮想メモリの話でよく出てくる用語で、メモリを大きさの異なる(同じ大きさとは限らない)セグメント単位で管理するやり方
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

メモリは「パソコンさんが作業するときに使う机」ね。

セグメント方式

仮想メモリは「メモリっぽい役割が与えられたハードディスクの一部分」です。
プログラムから見たメモリと考えても構いません。

パソコンさんは、メモリを使ってお仕事をします。
作業机の上に資料を広げるイメージです。

でも、場合によってはメモリが足りなくなることがあります。
作業机の上に資料を広げ過ぎて、それ以上置けないイメージです。

そんなとき、パソコンさんはハードディスクの一部を無理やりメモリとして使います。
作業机の上にある今使っていない資料を一時的に引き出しにしまって、そこに新しい資料を広げるイメージです。
引き出しにしまった資料が見たくなったら、引き出しをササッと開けて、作業机の上にある使っていない資料と素早く入れ替えます。

いわば、引き出しの一部を作業机として使っている状態です。
そうすることで、実際に作業机の上に置ける量以上に資料を広げることができます。

このお話における作業机っぽい使われ方をしている引き出しの一部、転じて、メモリっぽい使われ方をしているハードディスクの一部を仮想メモリと言います。

仮想メモリの仕組みとして、メモリの空きが少なくなってきたら、あまり使っていない内容をハードディスクにしまいます。
ハードディスクにしまった内容を見たくなったら、ハードディスクから引っ張り出してメモリ上に乗せます。

1.メモリの内容をハードディスクにしまう
2.使いたくなったらハードディスクから取り出す


の2つの動きです。
つまり

メモリとハードディスクの間でメモリの内容を移動させる

ことになります。

この「メモリとハードディスクの間でメモリの内容を移動させる」が大事なポイントです。
覚えておいてください。

それを踏まえて次の話です。

ここに1つのメモリがあります。

セグメント方式2

ピヨ太君は、Excelファイルを開きました。

セグメント方式3

そうすると、メモリの上にExcelのファイルが広げられます。

セグメント方式4

次にピヨ太君はWordのファイルを開きました。

セグメント方式5

そうすると、メモリ上にWordのファイルが広げられます。

セグメント方式6

このとき、ExcelのファイルとWordのファイルの大きさが同じとは限りません。
中身がいっぱいであれば大きくなりますし、まだ少ししかなければ小さくなります。

セグメント方式7

コンピュータさんは、このメモリを管理します。

セグメント方式8

ここで、先程の仮想メモリの話を思い出してください。

メモリとハードディスクの間でメモリの内容を移動させる

と書きました。
この移動を(本当は少し違いますが)ファイル単位で行うのが「セグメント方式」です。

セグメント方式9

このときの、まとめて移動する一塊を「セグメント」と呼びます。

セグメント方式10

ファイルの大きさは、それぞれ違いますよね?
ですから、セグメントの大きさもそれぞれ異なります。

「セグメント単位でメモリを管理するやり方」だから「セグメント方式」です。
今回は仮想メモリの話でしたが、仮想メモリ関係無く、メモリをセグメント単位で管理するやり方であれば「セグメント方式」と呼んで差し支えは無いでしょう。

ちなみに、セグメント方式とよく対比されるメモリ管理のやり方に「ページング方式」があります。

ページング方式においては、コンピュータさんはメモリの縦横に切れ目を入れて、それぞれが同じ大きさになるように分割します。

セグメント方式11

これで、同じ大きさの細かい破片がいっぱいできました。
この同じ大きさの細かい破片を「ページ」と呼びます。

先程の仮想メモリの話で

メモリとハードディスクの間でメモリの内容を移動させる

と書きましたが、この移動をページ単位で行うのがページング方式です。

セグメント方式12

こちらは「ページ単位でメモリを管理するやり方」となります。
セグメント方式同様、仮想メモリ関係無く、メモリをページ単位で管理するやり方であれば「ページング方式」と呼んで差し支えは無いでしょう。

せっかくなので、セグメント方式とページング方式はセットで覚えてあげてください。

■セグメント方式
・メモリ管理のやり方
大きさの異なる(同じ大きさとは限らない)セグメント単位で管理する

■ページング方式
・メモリ管理のやり方
同じ大きさのページ単位で管理する


です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「セグメント方式」って単語が出てきたら「大きさの異なる(同じ大きさとは限らない)セグメント単位でメモリを管理するやり方なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク