[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

IMEDICTUPDATE.EXE

pointこの用語のポイント

pointMicrosoft Office IME 2010の辞書アップデートで使われるサービス「Microsoft IME Dictionary Update」の実行ファイルだよ

point私の環境では「C:\Program Files\Common Files\Microsoft Shared\IME14\SHARED\IMEDICTUPDATE.EXE」にあったよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

IMEDICTUPDATE.EXEとは

Microsoft Office IME 2010で使う辞書を更新するときに使われる「Microsoft IME Dictionary Update」サービスの実行ファイル
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

IMEは「入力した文字を変換するのがお仕事のやつ」ね。
キーボードから入力された内容を、ひらがなやカタカナ、漢字などに変換するお仕事をしています。

IMEDICTUPDATE.EXE

一応、Microsoft Officeの説明もしておきましょう。

Microsoft Officeは「マイクロソフトさんが作った、事務仕事を中心にビジネスの様々なシーンで活躍するらしい便利なソフトたち」です。
WordExcelをはじめ、なんかいろいろあります。

IMEDICTUPDATE.EXE2

Microsoft Officeには、IMEがくっついています。
Microsoft Office付属のIMEは「Office IME」などと呼ばれたりします。
IMEというカテゴリの中にいろいろなIMEがあって、その中の一つがMicrosoft Office付属のIME(Office IME)との位置付けです。

IMEDICTUPDATE.EXE3

サービス」という用語も覚えておいてください。
サービスは「Windows常駐プログラム」です。
常にメモリ上にいて、いつでもお仕事ができるようにスタンバっています。

IMEDICTUPDATE.EXE4

Windowsのサービスは、いろいろあります。
その中の一つが「Microsoft IME Dictionary Update」です。

Microsoft IME Dictionary Updateは、Microsoft Office付属のIMEである「Microsoft Office IME 2010」で使う辞書を更新するときに使われるサービスです。

Windows 7を例に説明しますが

コントロールパネル
 ↓
管理ツール
 ↓
サービス


と移動すると、サービスの一覧の中に、名前が「Microsoft IME Dictionary Update」になっているサービスがあるはずです。

その行をべちべちっ!とダブルクリックすると「Microsoft IME Dictionary Update のプロパティ」画面が開きます。

IMEDICTUPDATE.EXE5

「Microsoft IME Dictionary Update のプロパティ」画面のサービスの説明欄には



と書いてありました。

IMEDICTUPDATE.EXE6

うん。
何も書いてありません。
しょんぼり。

ですが、まぁ、名前が「Microsoft IME Dictionary Update」なので「IMEで使う辞書を更新するぜ!」なのは推測できますね。

これが、Microsoft IME Dictionary Updateの説明です。

あとは、肝心要の「実行ファイル」の説明ですね。
実行ファイルは「プログラムファイル」です。
べちべちっ!とダブルクリックすると、お仕事を始めます。
(Windowsの場合)拡張子は「.exe」であることが多いです。

IMEDICTUPDATE.EXE7

以上が予備知識です。

ここまでを踏まえて、Microsoft Office IME 2010で使う辞書を更新するときに使われるWindowsのサービス「Microsoft IME Dictionary Update」の実行ファイルが「IMEDICTUPDATE.EXE」です。

私の環境では「IMEDICTUPDATE.EXE」は、以下の場所にありました。

C:\Program Files\Common Files\Microsoft Shared\IME14\SHARED\IMEDICTUPDATE.EXE

「IME14」の「14」はOfficeのバージョン「2010」を意図しています。
Office 2000は「9」、Office XPは「10」、Office 2003は「11」、Office 2007は「12」、Office 2010は13……は西洋文化圏における忌み数なので飛ばして「14」、Office 2013は「15」がバージョン番号として割り当てられていますよ。

Microsoft IME Dictionary Updateサービスを無効にする(「IMEDICTUPDATE.EXE」のお仕事スタンバイを解除する)やり方は以下の通りです。

まず

コントロールパネル
 ↓
管理ツール
 ↓
サービス


と移動して、名前が

Microsoft IME Dictionary Update

の行をダブルクリックします。

そうすると「Microsoft IME Dictionary Update のプロパティ」画面が開きますので「スタートアップの種類(E):」を「無効」にして「OK」ボタンを押します。

IMEDICTUPDATE.EXE8

これで、Microsoft IME Dictionary Updateサービスが無効になるはずです。
「IMEDICTUPDATE.EXE」もお仕事をしなくなります。

ただし、Microsoft IME Dictionary Updateサービスを無効にすると、IMEで使う辞書の更新が失敗するかもしれません。
IME2010を使っているのであれば、触らない方が無難です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「IMEDICTUPDATE.EXE」って単語が出てきたら「Windowsのサービス『Microsoft IME Dictionary Update』の実行ファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク