[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

vssvc.exe

pointこの用語のポイント

pointWindowsのバックアップ関連で使うサービス「Volume Shadow Copy」の実行ファイルだよ

point私の環境では「%systemroot%\system32\vssvc.exe」にあったよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

vssvc.exeとは

Windowsのバックアップ機能とかで使う「Volume Shadow Copy」サービスの実行ファイル
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

ボリューム シャドウ コピーは「現在のハードディスクの中身を、そのままの状態で丸ごと保管する機能」ね。
興味がある方は用語「ボリュームシャドウコピーサービス」の説明を、ご覧ください。
ここでは取りあえず

Windowsバックアップ機能とかで使う

というのだけ覚えておけば、事足ります。

サービス」という用語も覚えておいてください。
サービスは「Windows常駐プログラム」です。
常にメモリ上にいて、いつでもお仕事ができるようにスタンバっています。

vssvc.exe

Windowsのサービスは、いろいろあります。
その中の一つが「Volume Shadow Copy」です。

「Volume Shadow Copy」サービスは、バックアップとかで使うボリューム シャドウ コピーを管理するサービスです。

Windows 7を例に説明しますが

コントロールパネル
 ↓
管理ツール
 ↓
サービス


と移動すると、サービスの一覧の中に、名前が「Volume Shadow Copy」になっているサービスがあるはずです。

その行をべちべちっ!とダブルクリックすると「Volume Shadow Copy のプロパティ」画面が開きます。

vssvc.exe2

「Volume Shadow Copy のプロパティ」画面のサービスの説明欄には

バックアップやその他の目的で使用されるボリューム シャドウ コピーを、管理および実装します。このサービスが停止されると、シャドウ コピーはバックアップに利用できず、バックアップは失敗する可能性があります。このサービスが無効の場合、これに明示的に依存するサービスは開始できません。

と書いてありました。

vssvc.exe3

ポイントは

バックアップやその他の目的で使用されるボリューム シャドウ コピーを、管理および実装します。

ですね。
この文章から

1.ボリューム シャドウ コピーは、バックアップやその他の目的で使用される
2.「Volume Shadow Copy」サービスは、ボリューム シャドウ コピーを管理・実装する


の2つが分かります。

これが「Volume Shadow Copy」サービスの説明です。

あとは、肝心要の「実行ファイル」の説明ですね。
実行ファイルは「プログラムファイル」です。
べちべちっ!とダブルクリックすると、お仕事を始めます。
(Windowsの場合)拡張子は「.exe」であることが多いです。

vssvc.exe4

以上が予備知識です。

ここまでを踏まえて、Windowsのバックアップ機能とかで使うボリューム シャドウ コピーのサービス「Volume Shadow Copy」の実行ファイルが「vssvc.exe」です。

「vssvc.exe」は、私の環境では以下の場所にありました。

%systemroot%\system32\vssvc.exe

また「vssvc.exeのプロパティ」画面の説明欄には「Microsoft(R) ボリューム シャドウ コピー サービス」と書いてあります。
プロパティ画面は「vssvc.exe」ファイルを右クリックして表示されたメニューの「プロパティ」を選択すると開きます。

vssvc.exe5

そのまんまな説明ですね。

Volume Shadow Copyサービスを無効にする(「vssvc.exe」のお仕事スタンバイを解除する)やり方は以下の通りです。

まず

コントロールパネル
 ↓
管理ツール
 ↓
サービス


と移動して、名前が

Volume Shadow Copy

の行をダブルクリックします。

そうすると「Volume Shadow Copy のプロパティ」画面が開きますので「スタートアップの種類(E):」を「無効」にして「OK」ボタンを押します。

vssvc.exe6

これで、Volume Shadow Copyサービスが無効になるはずです。
「vssvc.exe」もお仕事をしなくなります。

とはいえ、Volume Shadow Copyサービスは、必要なときだけ動き出してお仕事が終われば自分で勝手に停止するサービスです。
よって、常駐はしません。
そんなに邪魔な存在ではないはずです。
個人的には、無効にはしない(そのままにしておく)方が無難だと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「vssvc.exe」って単語が出てきたら「Windowsのサービス『Volume Shadow Copy』の実行ファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク