[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

アジェンダ (agenda)

pointこの用語のポイント

point「議題」とか「課題」とか「計画」とか、そんな意味だよ

point賢く見られたい人がよく使うけど、逆にバカっぽく見えるから控えた方が良いと思うよ(個人的な意見です)

スポンサーリンク

簡単に書くよ

アジェンダ (agenda)とは

「議題」とか「課題」とか「計画」とかをカッコつけて言った言葉
です。

image piyo

詳しく書くよ

「議題」とか「課題」とか「計画」とか、そんな感じの意味のことを、インテリぶってカッコつけて言ったのが「アジェンダ」です。
自分はデキるビジネスマンだぜ!とアピールしたい人がよく使います。

アジェンダ

IT関係でこの用語が登場するのは、主に会議前や会議の場でしょう。
例えば「今日の会議のアジェンダ、何だったっけ?」と言ったりします。
日本語にすると「今日の会議の議題って何?」でしょうかね。

間違った方向でデキるビジネスマンアピールしたい人がよく使う用語ですが、外資系のように元々が英語文化である場合を除いて、避けた方が無難でしょう。
あくまで個人的な意見ですが、逆にバカっぽく見えますよ。

……と、書いておいてなんですが、実は私、仕事をしていて実際に「アジェンダ」という用語を耳にしたことがありません。
本当に、こんな用語を使っている人っているの?都市伝説じゃなくて?と密かに疑問に思っています。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「アジェンダ」って単語が出てきたら「議題とか課題とか計画とかのことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク