[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

rundll32.exe

pointこの用語のポイント

pointDLL内の関数を実行するときに使う実行ファイルだよ

point普通は「%systemroot%\System32\rundll32.exe」と「%systemroot%\SysWOW64\rundll32.exe」にあるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

rundll32.exeとは

DLLの中にある関数を動かすときに使う実行ファイル
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

DLLは、ざっくり書くと「プログラムの部品」ね。
それ単体では動けません。
他のプログラムから呼び出されることによって、はじめてお仕事ができるやつです。
Windowsの場合は、拡張子が「.dll」になっているファイルです。

rundll32.exe

関数は「何かを入れると何かをして何かを返してくれる、プログラムの部品」です。
お金を入れるとジュースが出てくる自動販売機みたいなものですね。

rundll32.exe2

そして、DLLの中にはいろいろな関数が入っています。
ここがポイントなので覚えておいてください。
DLLの中にはいろいろな関数が入っているのです。

実行ファイル」の説明もしておきましょう。
実行ファイルは「プログラムファイル」です。
基本的には、べちべちっ!とダブルクリックするとお仕事を始めます。
拡張子は「.exe」であることが多いです。

rundll32.exe3

ここまでを踏まえて、DLL内の関数を呼び出すときに使う実行ファイルが「rundll32.exe」です。
コマンドプロンプト(コンピュータに詳しい人が使う黒い画面)で

rundll32.exe 【DLLファイルの名前】, 【関数の名前】 【関数に渡す値】

の形式で入力することによって、DLLファイル内の関数を呼び出すことができます。

例えば、黒い画面上で

rundll32.exe user32.dll, LockWorkStation

を実行すると、画面がロックされますよ。

これは「rundll32.exe」によって、DLLファイル「user32.dll」の中にある「LockWorkStation」関数が呼び出された結果です。
「LockWorkStation」関数は、画面をロックするお仕事をする関数です。

「rundll32.exe」は、私の環境では、以下の場所にありました。

%systemroot%\System32\rundll32.exe

%systemroot%\SysWOW64\rundll32.exe

「System32」の中と「SysWOW64」の中の2つです。
恐らく、みなさんも同じだと思います。

変な場所にある場合は、ご注意ください。
もしかして、もしかしたら、ウイルスかもしれません。
気になるようでしたら、念の為、ウィルススキャンをしてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「rundll32.exe」って単語が出てきたら「DLL内の関数を動かすときに使う実行ファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク