[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

jusched.exe

pointこの用語のポイント

pointJavaの自動更新で使う実行ファイルだよ

point私の環境では「C:\Program Files (x86)\Java\jre6\bin\jusched.exe」にあったよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

jusched.exeとは

Javaの更新(新しいやつ)が無いかチェックするのがお仕事の実行ファイル
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

Javaは「プログラミング言語」の一つね。
ただし、本ページにおける「Java」は、Javaのプログラムを作るときに使う部品(java.exeとか)を意図します。

実行ファイルは「プログラムなファイル」です。
基本的には、べちべちっ!とダブルクリックするとお仕事を始めます。
拡張子は「.exe」であることが多いです。

jusched.exe

ここまでを踏まえて、Javaの更新(新しいやつ)が無いかチェックするときに使われる実行ファイルが「jusched.exe」です。
Java Update Scheduler(ジャヴァ・アップデート・スケジューラ)」を省略して心の眼で見ると「jusched」になるようですね。

「jusched.exe」は、私の環境では、以下の場所にありました。

C:\Program Files (x86)\Java\jre6\bin\jusched.exe

Javaのバージョンをはじめ、環境によって置いてある場所は違うはずです。

また「jusched.exe」は、Javaの自動アップデートを有効にしていると、勝手に登場してお仕事を始めやがります。
鬱陶しいので、私はJavaの自動アップデートを無効にしてしまいました。

せっかくなので、Javaの自動アップデートを無効にするやり方を書いておきますね。

まず「javacpl.exe」を探します。
私の環境では、以下の場所にありました。

C:\Program Files (x86)\Java\jre6\bin\javacpl.exe

次に「javacpl.exe」を右クリックして「管理者として実行(A)...」をポチっと選びます。
そうすると「Java コントロールパネル」画面が表示されるはずです。

jusched.exe2

次に「Java コントロールパネル」上の「アップデート」タブをポチっと選びます。

jusched.exe3

そうすると真ん中ら辺に「アップデートを自動的にチェック」という項目があるので、そこのチェックを外して「了解」ボタンを押します。

jusched.exe4

これでJavaの自動アップデートが無効になります。

これがJavaの自動アップデートを無効にする方法です。
これで「jusched.exe」がお仕事をしなくなります。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「jusched.exe」って単語が出てきたら「Javaの更新をチェックするのがお仕事の実行ファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク