[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

AdobeARM.exe

pointこの用語のポイント

pointAdobe ReaderやAdobe Acrobatの新しい版が無いかチェックするのがお仕事の実行ファイルだよ

point私の環境では「C:\Program Files (x86)\Common Files\Adobe\ARM\1.0\AdobeARM.exe」にあったよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

AdobeARM.exeとは

Adobe ReaderやAdobe Acrobatの更新(新しいやつ)が無いかチェックするのがお仕事の実行ファイル
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

Adobe ReaderAdobe Acrobatは、どちらもアドビシステムズという会社さんが作って配っている(売っている)PDFファイルをあれこれするソフトです。

PDFは「アドビシステムズ社さんってところが決めた電子ファイルの規格」ね。

AdobeARM.exe

Adobe Readerは「PDFファイルを見るときに使うソフト」です。

AdobeARM.exe2

Adobe Acrobatは「PDFファイルを作成するときに使うソフト」です。
PDFという規格を決めた会社さんが作っているソフトなので、他の会社の作ったPDF作成ソフトに比べて、できることが多い傾向にあります。

AdobeARM.exe3

あとは「実行ファイル」の説明もしておきましょう。
実行ファイルは「プログラムファイル」です。
基本的には、べちべちっ!とダブルクリックするとお仕事を始めます。
拡張子は「.exe」であることが多いです。

AdobeARM.exe4

以上が予備知識です。

ここまでを踏まえて、Adobe ReaderやAdobe Acrobatの更新(新しいやつ)が無いかチェックするときに使われる実行ファイルが「AdobeARM.exe」です。

Adobe ReaderやAdobe Acrobatは、設定によって「ねーねー。今のソフトのバージョンは○○なんだけど、もっと新しいのない?」と定期的に元締めに確認しに行きます。
「AdobeARM.exe」は、この「もっと新しいのない?」と確認するのをお仕事にしているやつです。

「AdobeARM.exe」は、あなたがAdobe Readerとかを使っているのであれば、あってもおかしくはないファイルです。
私も「Adobe Reader」をはじめ、いくつかのAdobe製品を使っていますが、以下の場所にありました。

C:\Program Files (x86)\Common Files\Adobe\ARM\1.0\AdobeARM.exe

また「AdobeARM.exeのプロパティ」画面の説明欄には「Adobe Reader and Acrobat Manager」と書いてありました。
プロパティ画面は「AdobeARM.exe」ファイルを右クリックして表示されたメニューの「プロパティ」を選択すると開きます。

AdobeARM.exe5

うん、Adobe ReaderとAcrobatを管理するやつと書いてありますね。

Adobe ReaderやAcrobatの設定を変更して自動更新を無効にすれば「AdobeARM.exe」はお仕事をしなくなります。
自動更新を無効にする方法は、他のところで確認してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「AdobeARM.exe」って単語が出てきたら「Adobe Reader等の更新をチェックするのがお仕事の実行ファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク