[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

SearchFilterHost.exe

pointこの用語のポイント

point「Windows Search」サービスで使う実行ファイルだよ

point普通は「%systemroot%\system32\SearchFilterHost.exe」にあるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

SearchFilterHost.exeとは

Windows Searchで使うインデックスを作成する仕事をしているWindowsのサービス「Windows Search」で使う実行ファイル
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

Windows Searchは「Windowsにくっついている、ファイル検索機能」ね。

SearchFilterHost.exe

ファイルに対してインデックス(索引)を作成しておけば、より省エネで高速な検索ができます。

SearchFilterHost.exe2

サービス」という用語も覚えておいてください。
サービスは「Windowsの常駐プログラム」です。
常にメモリ上にいて、いつでもお仕事ができるようにスタンバっています。

SearchFilterHost.exe3

Windowsのサービスは、いろいろあります。
その中の一つが「Windows Search」です。

Windows 7を例に説明しますが

コントロールパネル
 ↓
管理ツール
 ↓
サービス


と移動すると、サービスの一覧の中に、名前が「Windows Search」になっているサービスがあるはずです。

その行をべちべちっ!とダブルクリックすると「Windows Search のプロパティ」画面が開きます。

SearchFilterHost.exe4

「Windows Search のプロパティ」画面のサービスの説明欄には

ファイル、電子メール、その他のコンテンツに対して、コンテンツのインデックス作成、プロパティ キャッシュ処理、検索結果の表示を行います。

と書いてありました。

SearchFilterHost.exe5

何かいろいろと書いてありますが、やることは

・コンテンツのインデックス作成
・プロパティ キャッシュ処理
・検索結果の表示


らしいです。
検索を速くするのと検索結果の表示に貢献しているのでしょう。

これが「Windows Search」サービスの説明です。
Windows Search機能で使うインデックスを作成する仕事をしています。

注意点として、Windows Search機能と「Windows Search」サービスは別物です。

・Windows Search → ファイルの検索機能
・「Windows Search」サービス → ファイルのインデックス作成機能


です。
ここを混同すると、混乱すると思います。
ご注意ください。

あとは、肝心要の「実行ファイル」ですね。
実行ファイルは「プログラムファイル」です。
べちべちっ!とダブルクリックすると、お仕事を始めます。
(Windowsの場合)拡張子は「.exe」であることが多いです。

SearchFilterHost.exe6

以上が予備知識です。

ここまでを踏まえて「Windows Search」サービスで使う実行ファイルの一つが「SearchFilterHost.exe」です。
「SearchFilterHost.exe」は「Windows Search」サービスを有効にしておくと、パソコンさんに常駐します。
常にメモリ上にいて、いつでもお仕事ができるようにスタンバっていますよ。

Windows 7を例に取ると「SearchFilterHost.exe」は以下の場所にあります。

%systemroot%\system32\SearchFilterHost.exe

変な場所にある場合は、ご注意ください。
もしかして、もしかしたら、ウイルスかもしれません。
気になるようでしたら、念の為、ウィルススキャンをしてあげてください。

また「SearchFilterHost.exeのプロパティ」画面の説明欄には「Microsoft Windows Search Filter Host」と書いてありました。
プロパティ画面は「SearchFilterHost.exe」ファイルを右クリックして表示されたメニューの「プロパティ」を選択すると開きます。

SearchFilterHost.exe7

大したことは書いてありませんね。

俺は「Microsoft Windows Search Filter Host」だぜ

と言っているだけです。

ちなみにWindows 7では「Windows Search」サービスを無効にしても、ファイルの検索ができなくなるわけではありません。
ファイルの検索にかかる時間がちょっと長くなるだけです。

パソコン内のファイルの数にもよるでしょうが、私の体感的には、そこまで違いはありませんでした。
そのため、私は「Windows Search」サービスを無効にしています。

「Windows Search」サービスを無効にするやり方は以下の通りです。

まず

コントロールパネル
 ↓
管理ツール
 ↓
サービス


と移動して、名前が

Windows Search

の行をダブルクリックします。

そうすると「Windows Search のプロパティ」画面が開きますので「スタートアップの種類(E):」を「無効」にして「OK」ボタンを押します。

SearchFilterHost.exe8

これで「Windows Search」サービスが無効になるはずです。
「SearchProtocolHost.exe」も、お仕事をしなくなります。

……と、ここまでの説明を読んで「あれ?Windows Searchサービスの実行ファイルって『SearchIndexer.exe』じゃないの?」と疑問を覚える人がいるかもしれませんね。

さすがです。

その通りです。

「Windows Search」サービスの実行ファイル本体は「SearchIndexer.exe」です。
ただし「SearchFilterHost.exe」と、あとは「SearchProtocolHost.exe」という実行ファイルも一緒にお仕事をします。

「Windows Search」サービスを有効にしている場合は、恐らく「SearchIndexer.exe」「SearchFilterHost.exe」「SearchProtocolHost.exe」の3つが動いているはずです。
逆に言うと「Windows Search」サービスを停止すると「SearchIndexer.exe」「SearchFilterHost.exe」「SearchProtocolHost.exe」の3つがいなくなります。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「SearchFilterHost.exe」って単語が出てきたら「Windows Searchサービスで使う実行ファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク