[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

オペランド (operand)

pointこの用語のポイント

point式を構成する要素だよ

point演算子じゃない方だよ

point数字とか変数とかだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

オペランド (operand)とは

式を構成する要素のうち、演算子じゃない方の要素のこと。
もう少し具体的に書くと

式に登場する数値とか変数とかのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

例えば、ここに

1+2

という数式があるとします。

この式を構成する要素は「1」「+」「2」の3つです。

オペランド

この3つの要素のうち「+」を「演算子」と言います。
演算子は「どんな演算をしてくださいね」を表現する記号です。

オペランド2

さて、式を構成する要素は演算子だけではありませんよね。
演算される方の値もあります。
今回の例で言えば「1」と「2」です。

オペランド3

この演算される方、式に登場する数値とか変数(値を入れる箱)が「オペランド」です。

オペランド4

オペランドは日本語で「被演算子」と呼ばれる場合もあります。
コンピュータの世界では「オペランド」と呼ばれる方が多いっぽいですけどね。

あと「式」と聞くと「1+2=3」のような内容を思い浮かべると思いますが、if文の中身も式です。
例えば

if($hoge == 10){
    print "hogeは10だよ";
}


という処理があった場合、if文の中身の「$hoge」や「10」もオペランドですよ。

オペランド5

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「オペランド」って単語が出てきたら「式を構成する要素のうち、演算子じゃない方のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク