[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ペーパーレス (paperless)

pointこの用語のポイント

point紙ゼロ運動だよ

point今まで紙で保管してたものも全部コンピュータの中に突っ込めば紙はいらなくなるんじゃね?だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ペーパーレス (paperless)とは

「必要な情報はパソコンさんに保存して紙の書類はできるだけなくしましょう」運動のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

一言で言えば「今まで紙で保管していた情報を全部コンピュータの中に入れちゃおう!」が「ペーパーレス」です。
標語っぽく表現すると「紙ゼロ運動」ですね。

ペーパーレス

例えば私の場合、紙で保存しているのは国に提出する可能性のある資料だけです。
保管用の請求書とか領収書ですね。

それ以外は全部、コンピュータの中に保管しています。
請求書なんかも提出する際はPDF化してメール添付して送っています。
中には紙で欲しいと言うお客さまもいらっしゃいますけどね。
その場合は「ちぇっ(-ε-)」と思いながら、紙に印刷して郵送しています。

ペーパーレスは一時期騒がれたコンピュータを導入するメリットです。
まぁ、実際には机上の空論で実現できないことが少なくな・・ごほごほ。

導入できるか否かの見極めは簡単です。
偉い人が理解を示すか否か、これだけです。

「偉い人」は上司とは限りません。
お客さまであったり、お国であったりする場合もあります。

あとはベテランの方(要は、おっさん)に多いのですが、資料は紙で読まないと頭に入ってこないタイプの人がいます。
上司が、そのタイプの場合は諦めましょう。
無理にペーパーレスを導入すると余計に紙の消費量が増えます。
資料が必要になる度に印刷するからです。

個人的には「紙をなくすぞ!」と極端に考えるのではなく「紙を減らずぞ!」程度の方が現実的だと思っています。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ペーパーレス」って単語が出てきたら「紙ゼロ運動のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク