[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

データベース (database)

pointこの用語のポイント

pointデータを入れておく箱だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

データベース (database)とは

データがそれっぽい感じに入っている箱のこと。
もう少しあっさり書くと

データのまとまり
です。

image piyo

詳しく書くよ

きちんと定義しようとすると結構大変だったりしますが、大雑把に言えば「データを入れておく箱」が「データベース」です。

データベース

実際にはデータが入っているだけではありません。
特定の規則に従って整理されていたりもしますし、それをあーだこーだと変更できたりもします。

ただし、そこら辺を突っ込んで考え始めると、頭から湯気が出てくると思います。

深く考えては、いけません。

データが整理されて入ってるんだな~

というのと

入ってるデータを見たり変更したりできるんだな~

というのさえ押さえておけば多分OKです。

そもそも「データベース」というのは微妙に抽象的な使われ方をする用語です。
OracleMySQLのような実際にデータを入れておくシステムを指す場合もあれば「データを一元管理する役割のもの」を意図してデータベースと言う場合もあります。
「データを整理しよう」の意味で「データベース化しよう」と言われることもあれば「データベース」と言いながらExcelさんの絵が描いてあることもあります。

そーなのです。
実際の会話で登場する「データベース」が何を指しているかはケース・バイ・ケースなのです。

ということで、すべてのケースを網羅して説明しようとすると「うわっ、私の説明、分からなすぎ」になりかねません。
「なんかデータのまとまりなのね」とだけ覚えておいてください。
普通に生きている分には、それで困らないと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「データベース」って単語が出てきたら「整理されたデータのまとまりなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク