[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

Windows認証

pointこの用語のポイント

point認証のやり方だよ

pointWindowsにログインするときに使った認証情報を使いまわすよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

Windows認証とは

Windowsのコンピュータにログインするときに使った認証情報を使いまわして認証を行う認証のやり方
です。

image piyo

詳しく書くよ

Windowsパソコンさんを使うときには、IDパスワードを入れて認証を行います。
いわゆる「ログインログオン)する」ってやつですね。

Windows認証

ログインするとパソコンさんを好きに使うことができます。

Windows認証2

このWindowsパソコンにログインするときに使った認証情報を使いまわして行う認証が「Windows認証」です。

「Windows認証」という用語を見かけるのは、おそらくIISSQLServerの話でしょう。
今回はSQLServerを例に説明します。

SQLServerは「Windowsのシステムでよく使われるデータベース」ね。

Windows認証3

データベースの中には、大事なデータがたくさん入っています。
そこで、使うためには「僕は使って良い人だよ!」というのを証明しなくてはいけません。
これが認証です。

SQLServerの場合、認証のやり方は二種類あります。

一つは、普通にIDとパスワードを入れて認証を行うやり方です。
これを「SQLServer認証」と言います。

Windows認証4

もう一つは、Windowsパソコンにログインするときに使った認証情報を使いまわして認証するやり方です。
これがWindows認証です。

Windows認証5

例えば、パソコンに「ピヨ太」「ピヨ子」「アクマ」の3人のユーザが設定されていたとしましょう。
「ピヨ太」「ピヨ子」「アクマ」のどれかでログインすれば、パソコンを使うことができます。

Windows認証6

それに対して、SQLServerには「『ピヨ太』だけ使って良いよ」と設定されていたとしましょう。
そうすると「ピヨ太」でパソコンにログインしている場合は、SQLServerを使えます。
「ピヨ子」か「アクマ」でログインしている場合は、SQLServerが使えない状態になります。

Windows認証7

このような結果になるのは、SQLServerを使って良いか判定する認証において、Windowsにログインするときに使った認証情報を使いまわしているからです。

これがWindows認証です。
Windows認証は、パソコンにログインするときに使った認証情報を使い回します。
ですから、SQLServerを使おうとしたときに、改めてIDとパスワードを入力する必要はありません。
わー、お手軽ですね。

IISの方のWindows認証も、本来であれば個別に説明するべきでしょう。
ですが、面倒くさいのでここでは書きません。
興味がある方は頑張ってお勉強してください。

いずれにせよ

1.認証のやり方だよ
2.Windowsに対する認証情報を使いまわすよ


がポイントです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「Windows認証」って単語が出てきたら「Windowsにログインするときに使った認証情報を使いまわす認証のやり方なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク