[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

/etc/ntp.conf

pointこの用語のポイント

pointファイルだよ

pointUNIX系のOSで使われるよ

pointネットワーク経由で時刻合わせをするプログラム(ntpd)が使う設定ファイルだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

/etc/ntp.confとは

UNIX系のOS(LinuxとかMacとか)で使われる、ntpd(ネットワーク経由で時刻合わせをするプログラム)の設定ファイル
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

NTPは「ネットワーク経由で時刻合わせをするときに使うお約束事」ね。

コンピュータさんは、中に時計が付いています。

/etc/ntp.conf

コンピュータさんは、(設定にもよりますが)定期的に中の時計の時刻合わせをします。

どうやって?

ネットワークを経由して、時報サービスを提供しているサーバNTPサーバ)に「今、何時よ?」とお問い合わせをするのです。

/etc/ntp.conf2

そうすると時報サービスサーバから「今は○時だよ~」とお返事が返ってきます。

/etc/ntp.conf3

そのお返事を元に、コンピュータさんは時刻合わせをします。

/etc/ntp.conf4

これで正確な時刻を刻み続けることができます。
めでたしめでたし。

この時刻合わせで使う通信する上でのお約束事が「NTP」です。

もう少し細かく見てみましょう。

時報サービスサーバにお問い合わせをしているのは、コンピュータの中にある、とあるプログラムです。
コンピュータがUNIX系のOSの場合、このプログラムには「ntpd」という名前が付いています。
ntpdさんが、実際に時報サービスサーバにお問い合わせをしているのです。

以上が予備知識です。

ここまでを踏まえて、ntpdに関する設定をあれこれ書いた設定ファイルが「/etc/ntp.conf」です。
「etc」ディレクトリの中の「ntp.conf」ファイルで「/etc/ntp.conf」ね。

/etc/ntp.conf5

ntpdさんは、時報サービスサーバに「今、何時よ?」とお問い合わせをします。

「/etc/ntp.conf」には、例えば「お問い合わせ先の時報サービスサーバは、どこにあるか?」といった情報が書かれています。
ntpdさんは「/etc/ntp.conf」の内容を見て「あぁ、ここに時刻を訊けば良いのか」と判断するのです。

他にも、ちまちまとした設定がありますけどね。
設定項目等については、専門に解説しているところで情報を補完してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「/etc/ntp.conf」って単語が出てきたら「ntpdの設定ファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク