[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

データフロー (data flow)

pointこの用語のポイント

pointデータの流れだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

データフロー (data flow)とは

そのデータが「どこに渡されるか?」「どう変わるか?」といったデータの流れのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

データ」+「フロー」で「データフロー」です。

データフロー

データはデータね。
「情報」や「資料」と訳されるのが一般的です。

フローは、ここでは単に「流れ」と読み替えてください。
登場シーンによって具体的な意味は異なりますけどね。

以上が予備知識です。

ここまでを踏まえて「データがどう流されていくか?」を意図する表現が「データフロー」です。

データフロー2

具体的には

・データがどこからどこに渡されるか
・その過程でデータの中身がどのように変わるか


に着目します。

例えば、ピヨ太君がぴよぴよ苺大福製造機を作ったとしましょう。
ぴよぴよ苺大福製造機は、苺と大福を入れると苺大福に加工するのがお仕事の機械です。

データフロー3

ここで、苺と大福がデータ、ぴよぴよ苺大福製造機がシステムと捉えてください。

苺は、ぴよぴよ苺大福製造機の中に入ると、まず、緑のヘタを取られます。

データフロー4

同じように大福は、中に苺を入れられるように、真ん中から半分に割られます。

データフロー5

そして、ヘタを取った苺が真ん中から割られた大福の中に入り、苺大福となります。

データフロー6

この一連の流れをまとめて図にすると、以下のようになります。

データフロー7

データ(苺と大福)が、どのような流れで、どう加工されていったか、分かりますよね。
このようなデータの流れをデータフローと言います。

データフロー8

ついでに書いておくと、データの流れを書いた図表は「データフロー図」と言います。
せっかくなので、併せて覚えてあげてください。

データフロー9

留意事項として、世の中には「データフロー○○」という用語がいろいろありますが、具体的な意味はバラバラです。
大雑把に読み替えると「データの流れに着目した○○」となりますが、それでは意味が掴めない場合も出てくるでしょう。
それぞれの「データフロー○○」の意味については「データの流れを意識してるんだな~」と頭の片隅に置きつつ、頑張って自分で勉強してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「データフロー」って単語が出てきたら「データの流れのことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク