[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

タスクバー (task bar)

pointこの用語のポイント

pointパソコン画面の一番下にある帯状の部分だよ

point押すとメニューが開くボタンとか、使用中のプログラムやファイルのアイコン(イラスト)とか、時計とかが表示されているよ

point通じることは通じるだろうけど、一応、Windows固有の呼び名っぽいよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

タスクバー (task bar)とは

普通は画面の一番下にある帯状の部分で、押すとスタートメニューが開くボタンとか、動かしているプログラムや開いているファイルのアイコン(イラスト)とか、時計とかが表示されているやつ
です。

image piyo

詳しく書くよ

あなたが今、パソコンさんからこの画面を見ているのであれば、ちょっくら視線を下げてみてください。

Windowsパソコンで特に設定を変えていなければ、画面の一番下に帯状の部分があるはずです。
押すとスタートメニューが開くボタンとか、現在使用中のファイルプログラムアイコン(イラスト)とか、時計とかが表示されている部分です。

ありますよね?

タスクバー

それが「タスクバー」です。

タスク」+「バー」で「タスクバー」ですね。
タスクは「task」で「お仕事」的な意味です。
バーは「bar」で「棒」の意味になります。

タスクバー2

調べたかぎりでは「タスクバー」という呼び方は、Windows固有の名称みたいです。
Macの場合は「メニューバー」という呼び名でした。
Linuxは「パネル」?ですかね?

「タスクバー」と言えば大概通じるとは思いますが、一応、そのような呼び名の違いがあるようです。

あとは……何を書きましょうかね?
今はパッと思い浮かばないので、何か思いついたら追記します。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「タスクバー」って単語が出てきたら「画面の一番下にある帯状の部分のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク