[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

タッチパッド (touchpad)

pointこの用語のポイント

pointマウスポインタ(画面上の矢印)を動かす装置だよ

point平面状になっている部品で、その平面上を、指を滑らすことで操作するよ

pointノートパソコンに付いているよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

タッチパッド (touchpad)とは

指でぐりぐりすることでマウスポインタ(画面上の矢印)を動かす、マウスの代わりになる装置のうち、平面状のもの
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

マウスは「マウスポインタさんのコントローラ」ね。
パソコンに線でつなぐ、見た目がネズミっぽい……ようには見えませんが、一応ネズミっぽいことになっている機器です。

タッチパッド

マウスポインタは「マウスを動かすと一緒に動く、コンピュータの画面に写っている矢印」です。
コンピュータの世界における皆さんの「手の代わり」ですね。

タッチパッド2

以上が予備知識です。

ここまでを踏まえて、読み進めてください。

一般的に、ノートパソコンにはマウスが付いていません。
もちろん自分でくっつけることはできますけどね。
最初の状態では付いていないのが普通です。

それでは、どうやってマウスポインタを動かすのでしょうか?

実はノートパソコンには、指でなぞるとマウスポインタが動く部品が付いているのです。
ぐりぐりすると連動してマウスポインタが動きます。

タッチパッド3

この、指でぐりぐりするとマウスポインタが動く部品のうち、平面状になっているものが「タッチパッド」です。
役割としては、完全に「マウスの代わり」です。
それ以上でもそれ以下でもありません。

ほとんどのノートパソコンにはタッチパッドが付いています。
タッチパネル式の場合は分かりませんけどね。
そうでなければ付いているはずです。

ちなみに、タッチパッドと似たような部品に「トラックポイント」があります。
トラックポイントは「指でぐりぐりやってマウスポインタ(画面上の矢印)を動かす装置」です。
※「トラックポイント」はIBMの商標で一般名詞としては「ポインティングスティック」が正しいらしいですが、個人的には「トラックポイント」の方が馴染みがあるので「トラックポイント」という表現を使います。

タッチパッド4

あれ?
タッチパッドと同じですね。

トラックポイントも役割はタッチパッドと一緒です。
ただし、見た目が違います。

タッチパッドは「平面」です。
その平面上を「ずりずり」と指を滑らすことで操作します。

タッチパッド5

一方のトラックポイントは「突起」です。
その突起を「ぐりぐり」と指で弄ぶことで操作します。

タッチパッド6

どちらかと言えばタッチパッドの方が一般的で、トラックポイントのくっついているノートパソコンは少数派ですけどね。
せっかくなので、タッチパッドとトラックポイントはセットで覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「タッチパッド」って単語が出てきたら「指でぐりぐりやってマウスポインタ(画面上の矢印)を動かす装置なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク