[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

consent.exe

pointこの用語のポイント

pointユーザーアカウント制御(UAC)で使う実行ファイルだよ

point普通は「%systemroot%\system32\consent.exe」にあるよ

point常駐はしない(必要なときだけ動く)よ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

consent.exeとは

Windows Vista以降に登場した「管理者に変身する?」っていちいち訊いてくる機能である「ユーザーアカウント制御(UAC)」で使う実行ファイル
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

ユーザアカウント制御(UAC)は、Windows Vista以降に登場した「管理者に変身する?」っていちいち訊いてくる機能ね。

Windows Vista以降では、例えば新しいソフトウェアパソコンに入れようとした際に「管理者として実行する必要がうんぬんかんぬん」と、いちいち訊かれます。
あるいは、ファイル右クリックして「管理者として実行(A)...」を選択すると、なんか確認画面が表示されます。

consent.exe

この、いちいち「管理者になる?」って訊いてくる鬱陶しい機能が、ユーザアカウント制御(UAC)です。

また、実行ファイルは「プログラムファイル」です。
べちべちっ!とダブルクリックすると、お仕事を始めます。
(Windowsの場合)拡張子は「.exe」であることが多いです。

consent.exe2

それを踏まえて、ユーザアカウント制御(UAC)で使う実行ファイルが「consent.exe」です。
「管理者に変身する?」って訊いてきたとき、こいつがお仕事をしています。

Windows 7を例に取ると「consent.exe」は以下の場所にあります。

%systemroot%\system32\consent.exe

変な場所にある場合は、ご注意ください。
もしかして、もしかしたら、ウイルスかもしれません。
気になるようでしたら、念の為、ウィルススキャンをしてあげてください。

また「consent.exe」は、本来、必要なときにしか登場しません。
「管理者に変身する?」って訊くときにひょっこり登場し、管理者になるかならないか返事をもらったら跡形もなく消え去ります。
いつまでも居座っているようであれば、注意を払った方が良いかもしれません。
やっぱり、念の為にウィルススキャンをしてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「consent.exe」って単語が出てきたら「ユーザーアカウント制御(UAC)で使う実行ファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク