[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

conhost.exe

pointこの用語のポイント

pointコマンドプロンプトが使う実行ファイルだよ

point普通は「%systemroot%\system32\conhost.exe」にあるよ

pointただし、コマンドプロンプトの本体は「cmd.exe」だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

conhost.exeとは

コマンドプロンプトが使う実行ファイル
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

コマンドプロンプトは「コンピュータに詳しい人がよく使う、Windowsにくっついている黒い画面」ね。

conhost.exe

実行ファイルは「プログラムファイル」です。
べちべちっ!とダブルクリックすると、お仕事を始めます。
(Windowsの場合)拡張子は「.exe」であることが多いです。

conhost.exe2

それを踏まえて、コマンドプロンプトが使う実行ファイルが「conhost.exe」です。
コマンドプロンプトを起動すると、こいつもお仕事を始めます。
もしかしたら、他のやつも使うかもしれませんけどね。
基本的には、コマンドプロンプトさんが使う実行ファイルです。

ただし留意事項として、コマンドプロンプトの本体は「cmd.exe」です。
「conhost.exe」は、おまけと言うか、サポート役です。

Windows 7を例に取ると「cmd.exe」は

%systemroot%\system32\cmd.exe

にあります。
こいつをダブルクリックすることで、コマンドプロンプトが起動します。

そして、コマンドプロンプトが起動したタイミングで「conhost.exe」も、お仕事を始めるのです。

つまり、コマンドプロンプトを起動すると「cmd.exe」と「conhost.exe」の2つの実行ファイルが、お仕事を始めます。

逆に「cmd.exe」か「conhost.exe」のどちらかを終了すると、もう一方も終了します。
そして、それに合わせてコマンドプロンプトも消えちゃいますよ。

Windows 7を例に取ると「conhost.exe」は以下の場所にあります。

%systemroot%\system32\conhost.exe

変な場所にある場合は、ご注意ください。
もしかして、もしかしたら、ウイルスかもしれません。
気になるようでしたら、念の為、ウィルススキャンをしてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「conhost.exe」って単語が出てきたら「コマンドプロンプトが使う実行ファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク