[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

svchost.exe

pointこの用語のポイント

pointDLL形式のサービスを動かすための実行ファイルだよ

point普通は「%systemroot%\system32\svchost.exe」にあるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

svchost.exeとは

DLLになっているWindowsのサービスを動かすためにある実行ファイル
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

DLLは、ざっくり書くと「プログラムの部品」ね。
それ単体では動けません。
他のプログラムから呼び出されることによって、はじめてお仕事ができるやつです。
Windowsの場合は、拡張子が「.dll」になっているファイルです。

svchost.exe

サービス」という用語も覚えておいてください。
サービスは「Windowsの常駐プログラム」です。
常にメモリ上にいて、いつでもお仕事ができるようにスタンバっています。

svchost.exe2

あとは、肝心要の「実行ファイル」ですね。
実行ファイルは「プログラムファイル」です。
べちべちっ!とダブルクリックすると、お仕事を始めます。
(Windowsの場合)拡張子は「.exe」であることが多いです。

svchost.exe3

以上が予備知識です。

ここまでを踏まえて、DLL形式のサービスを動かすためにある実行ファイルが「svchost.exe」です。

サービスとしてのお仕事をする役割のやつがDLLの中にいるのですね。
でも、DLLは自分単体では動けません。
他のプログラムから動かしてもらう必要があります。

そんな状況を踏まえて「仕方ないな~、じゃあ俺が動かしてやるよ。俺は実行ファイルだから自分で動けるしさ。俺に任せとけ!」と、DLL形式になっているサービスを動かすお仕事を買って出てくれたのが「svchost.exe」さんです。
面倒見の良いやつですね。

Windows 7を例に取ると「svchost.exe」は以下の場所にあります。

%systemroot%\system32\svchost.exe

変な場所にある場合は、ご注意ください。
もしかして、もしかしたら、ウイルスかもしれません。
気になるようでしたら、念の為、ウィルススキャンをしてあげてください。

ちなみに「svchost.exe」さんは「レジストリ」と呼ばれるカンペを見て、どのサービスを動かすか判断します。

例えば

svchost.exe -k LocalService

という形で動かされた場合、レジストリの

\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Svchost

という場所に書いてある

LocalService

の項目を見ます。
そこに

「piyopiyo.dll」を動かしてね

と書いてあったら「piyopiyo.dll」の中にあるサービスを動かします。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「svchost.exe」って単語が出てきたら「DLL形式のサービスを動かすための実行ファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク