[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

バルーンニング (ballooning)

pointこの用語のポイント

point「バルーニング」って書く方が一般的だよ

point仮想マシンの使っていないメモリを取り上げる仕組みだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

バルーンニング (ballooning)とは

「バルーニング」の書き間違い……ってほど間違いではないけど「ン」を入れないで「バルーニング」って書く方が一般的だよ。
用語の意味としては

「この仮想マシンで使うために確保していたんだけど、やっぱり使ってないな~」なメモリを、他で使えるように自動的に解放する仕組み
です。

image piyo

詳しく書くよ

バルーニングは「メモリバルーニング」とも呼ばれ「仮想マシンの使っていないメモリを自動的に開放する仕組み」ね。

例えば、5GBのメモリを確保しているんだけど2GBしか使っていない仮想マシンから、3GB取り上げるような仕組みです。
詳細……と言うほど詳細でも無いですが、詳細は用語「メモリバルーニング【仮想化】」の説明をご覧ください。

バルーンニング

このバルーニングの書き間違い……と言うほど間違いだとは思わないけど「ン」を入れないで表記する方が一般的だよ、なのが「バルーンニング」です。

実は用語リクエストでいただいたのが「バルーンニング」でしてね。
「バルーンニング」で検索したときに「バルーニング」の説明を表示するような仕組みにはなっていないので、このページを作成しました。

つまり、大人の事情ってやつです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「バルーンニング」って単語が出てきたら「『バルーニング』のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク