[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

MRU

pointこの用語のポイント

pointその機器が一回で受け取れる、通信用に細切れにしたデータの大きさの最大値だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

MRUとは

「あっ、君の気持は嬉しいんだけどね。それより大きかったら僕は受け止めきれないっす」な、一回で受け取れる通信用データの最大値。
もう少しきちんと書くと

通信用に細切れにしたデータの大きさ制限で「これくらいの大きさの細切れデータなら、一回で受け取れるよ」な最大値のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

突然ですが、フランスパンを食べるところを想像してみてください。
一本丸々咥えたら息が詰まりますよね?

MRU

ですから、フランスパンを食べるときは、ちぎって少しずつ食べます。

MRU2

通信も同じで、一度にまとめて送ろうとすると、線が詰まっちゃうのです。
そのため、データを一旦細切れにして少しずつ送り、送った先で元に戻します。

MRU3

この通信用に細切れにしたデータですが、どれくらいの大きさにするかは、自由です。
大きく切り分けて数回で送ることもできます。

MRU4

細かく切り分けて何十回に分けて送ることもできます。

MRU5

でも、ちょっと待ってください。

あんまり大きく切り分けると、受け取る方は重さで吹っ飛ばされちゃいます。
基本的に通信機器は軟弱なのです。

そこで「あまり大きいと受け止めきれないから、細切れデータは、このサイズより大きくしないでね」な最大値があります。
その最大値が「MRU」です。

MRU6

Maximum Receive Unit」の頭文字を取って「MRU」ね。
直訳すると「最大(Maximum)の受け取れる(Receive)固まり(Unit)」です。

ちなみに、MRUと似たようなやつに「MTU」というのがいます。

MTUは「通信用に細切れにしたデータに対する、通り抜け可能(送信可能)な大きさ制限」です。
MTU以下の大きさの細切れデータは通り抜けられますが、MTUより大きいと、そのままでは通り抜けられません。

MRU7

サイズオーバーの場合は、一つのサイズがMTU以下になるように分割されます。

MRU8

せっかくなので、MRUとMTUはセットで覚えてあげてください。
MRUが「受け取り可能な最大サイズ」で、MTUが「通り抜け可能な最大サイズ(送ることが可能な最大サイズ)」です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「MRU」って単語が出てきたら「通信用に細切れにしたデータに対する、一回で受け取れる大きさの最大値なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク