[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

周波数分割多元接続 (FDMA)

pointこの用語のポイント

point多元接続の実現方法だよ

point周波数を変えることによって、情報を区別するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

周波数分割多元接続 (FDMA)とは

周波数分割多重化(FDM)っぽい多元接続のやり方。
もう少し噛み砕いて書くと

同じ電波を使った多対1の接続(多元接続)において、周波数の違いで情報を区別するやり方
です。

image piyo

詳しく書くよ

この用語は「周波数分割多重化(FDM)」と「多元接続」の意味を理解しているとイメージしやすいです。
お茶でも飲んで待っていますので、まずは「周波数分割多重化(FDM)」と「多元接続」の意味をお勉強してきてください。

……。

準備はOKでしょうか?

それでは、結論から書きますと「周波数分割多重化(FDM)っぽい多元接続のやり方」が「周波数分割多元接続」です。
Frequency Division Multiple Access(フリークエンシー・ディビジョン・マルチプル・アクセス)」の略で「FDMA」と呼ばれる場合もあります。

FDMが「Frequency Division Multiplex(フリークエンシー・ディビジョン・マルチプレックス)」の略なので、FDMとFDMAの違いは「Multiplex(マルチプレックス)」と「Multiple Access(マルチプル アクセス)」の違いですね。
「マルチプレックス」も「マルチプルアクセス」も、どちらもマルチな感じです。
つまり、FDMとFDMAは大した違いはない……まで言うと言い過ぎかもしれませんが、同じようなものですよ。

う~ん、なんか漢字やアルファベットが多い説明で分かりにくいですね。
我ながら読んでいて頭が痛くなりそうな説明です。

もう少し、ざっくばらんに書いてみましょう。

まず多元接続は、よく分からなければ「多対一のやり取り」くらいの理解で構いません。

例えば、ピヨ太君が携帯電話でお話するとき、ピヨ太君の声はビビビーな電波となって、携帯電話の基地局に届きます。

周波数分割多元接続

同じようにピヨ子さんが携帯電話で話すとき、ピヨ子さんの声はビビビーな電波となって、基地局に届きます。

周波数分割多元接続2

基地局さんは、一人でピヨ太君とピヨ子さんの両方の相手をします。
これはピヨ太君たちを基準にしてみると、多(ピヨ太君&ピヨ子さん)対1(基地局)のやり取りと言えるでしょう。

周波数分割多元接続3

このような状態を、カッコつけて「多元接続」と言います。

さて、ここで基地局さんにつながっている方、1本になっている線に注目してください。
(実際には電波ですが)この線の中を、ピヨ太君の声もピヨ子さんの声も通ります。

周波数分割多元接続4

同じ線の中を通るピヨ太君の声とピヨ子さんの声を、基地局さんは区別しなくてはいけません。
ピヨ太君の声はピヨ太君の話し相手に、ピヨ子さんの声はピヨ子さんの話し相手に届けてあげる必要がありますからね。

それでは、どうやって区別するのか?

ズバリ!
周波数の違いで区別をします。

例えば、ピヨ太君の声の乗った電波は周波数が2Hz、ピヨ子さんの声の乗った電波は周波数が3Hz、とあらかじめ決めておくのです。
そうすれば、周波数2Hzの電波が来たらピヨ太君、周波数3Hzの電波が来たらピヨ子さん、と判断出来ますよね。

このように周波数の違いで情報を区別することにより、多元接続を実現するやり方が、周波数分割多元接続(FDMA)です。

ポイントは

1.多対一(もしくは多対多)の通信である
2.周波数の違いで情報を区別する


の2つですかね。

なお、周波数分割多重化(FDM)と周波数分割多元接続(FDMA)の違いは、深く突っ込んで勉強しているのでなければ、あまり気にしない方が良いでしょう。
私も説明するために頑張って調べたのですが、そもそも「多重化」と「多元接続」の違いを上手く理解できませんでした。

多重化のやり方のひとつとして「周波数分割多重(FDM)」があり、その考え方を利用して多元接続を実現するやり方が「周波数分割多元接続(FDMA)」、程度の理解で留めておくのが無難だと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「周波数分割多元接続」って単語が出てきたら「同じ電波を使った多対1の接続において、周波数の違いで情報を区別するやり方なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク