[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

多元接続 (multiple access)

pointこの用語のポイント

point多対1とか多対多でやり取りするよ

point同じ資源(線とか電波とか)を共同で使うよ

pointぶっちゃけ、私もよく分かっていないよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

多元接続 (multiple access)とは

ぶっちゃけ私もよく分かっていないんだけど、無線の話とかでよく出てくる用語で、同じ資源(例えば電波)を共同で使って、多対1とか多対多でやり取りをすること
です。

image piyo

詳しく書くよ

無線の話でよく出てくるので、携帯電話を例に説明します。

ピヨ太君が携帯電話で話すとき、ピヨ太君の声はビビビーな電波となって、基地局に届きます。

多元接続

同じようにピヨ子さんが携帯電話で話すとき、ピヨ子さんの声はビビビーな電波となって、基地局に届きます。

多元接続2

ピヨ太君の携帯電話から出たビビビーな電波と、ピヨ子さんの携帯電話から出たビビビーな電波は、同じ帯域です。
少し乱暴な解釈ですが、同じ電波ということにします。

多元接続3

つまり、同じビビビーな電波を通して行う、多(ピヨ太君&ピヨ子さん)対1(基地局)のやり取りと言えるでしょう。

多元接続4

このように、同じ資源(今回のお話で言えば電波)を共同で使った、多対1とか多対多の接続が「多元接続」です。
調べたかぎりは多対一の例しか見かけませんでしたが、恐らく(技術的に可能かは知りませんが)多対多でも多元接続と呼ぶでしょう。

……と私は理解していますが、もしかしたら間違っているかもしれません。
参考文献によって内容が微妙に違ったりなんだりで、よく分からなかったのですよ。
ごめんなさい。

とくによく分からなかったのが「多重化」との違いです。
ちなみに、多重化は「1つの線を、いろんな情報が共同で使えるようにすること」ね。

この多重化と多次元接続の違いが、頑張って調べたのですが、他人様に説明できるほど理解できませんでした。
そのため、間違っているかもしれませんが、私の理解を下に書いておきますね。

まず多重化は、1つの線の中を複数の異なる情報が通れるようにすることです。

ただそれだけです。

例え1対1の通信だったとしても、一本の線の中を異なる情報が通っていれば「多重化」していると言えるでしょう。

多元接続5

それに対して多元接続は、対複数でやり取りすることです。
1対1の通信は多元接続とは言いません。

多元接続6

とか書いていたら「そもそも多重化と多元接続って、根本的に概念の異なる用語で、比べられるようなものじゃないんじゃないの?」という気もしてきました。

実際のところ、どうなんでしょうね?

私もちゃんと理解しているとは言い難いので、できれば他のところで情報を補完してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「多元接続」って単語が出てきたら「同じ電波を使った多対1の接続なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク